« パズルその5(PIECE3) | トップページ | ルーキーズ第三話 »

キミ犯人じゃないよね?その4

今までにおいて今回が一番面白かったです。宇田川(要さん)のキャラにも馴れてきましたし、今回の捜査の場所は舞台のお芝居の役者さんが相手ということで。出てくる人皆濃いので濃い筈の宇田川がその輪の中では普通に見えてなんか愉しかったです。それにしても「キミ犯人だよね」のドラマの刑事が再び出てくるのはナイスヒットという感じでした。しかも意外と強いのがニヤリですよ。犯人なら見境なく決め台詞を吐くってのもあれですしそれをツッコむさくらもグーでした。これからもお約束で出てくれると愉しいキャラです。

今回のしほりんのコスプレはぬいぐるみと劇団員でしたけど、しほりん自体舞台経験者ですので劇団員がコスプレの範疇に入るのかは微妙ですがそれなりに化けてる芝居はされてる風に見えました。それと草木も眠る丑三つ時に藁人形に呪いを籠めてる鬼嫁も鬼気迫る(笑えたけど)ものがありましたなあ。女性編集員との掛け合いの部分が一番しほりんらしく見えるんでそこをノーマルとするとその他の弾け具合がよく分かります。宇田川といる時はいつも考えてる設定ゆえか大人しめに感じますです。家でカレー食う辺りの掛け合いが面白かったです。「妹年上なの?」・「少しだけ」はお気に入りの会話です。

火星の土地買う話しが月の土地購入になったっていうくだりはちょっとなにがどう宇田川がひっかっかったのか理解できませんでしたけど。

謎解きについては、真っ昼間に海岸に死体遺棄して一人も目撃者が出ないのかいとかいうツッコミは差っぴいても今回の謎は面白かったです。犯人は宇田川が「持ってかれた」女性だというセオリーに縛られて、どうやって犯行を成し遂げたのかと結構最後の方まで謎解きでも引っ張られました。共犯者の可能性もあると思ってたけど実行犯と決定した根拠はちと味付け薄味に感じましたけど。でも面白かったです。このペースでドラマが続いていけば嬉しいところです。

ただ、同じ日にパズル観てこれ観る。しかも同じ局ってのは、特に推理好きじゃない私には頭が爆ぜるのでできれば日をズラしてくれた方がありがたいんですけどね。これで同じ局で同じ金の亡者(失礼)だからコラボ企画で合体番組で何か作ってくれるとより嬉しいんですけんど。

|
|

« パズルその5(PIECE3) | トップページ | ルーキーズ第三話 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41072344

この記事へのトラックバック一覧です: キミ犯人じゃないよね?その4:

« パズルその5(PIECE3) | トップページ | ルーキーズ第三話 »