« どういう連なりなのだろう | トップページ | ラスト・フレンズその4(第2話) »

*もす

燃やすと言う意味。「や」が抜ける表現といっていいのか定かではないが結果は「や」抜きである。遠州独特かは不明。

「燃やすゴミ」だと「燃すゴミ」。「燃えるゴミ」だと「燃せるゴミ」となる。

この論法でいくと「モスバーガー」は「燃やすバーガー」になる。なんちゃって。

モスバーガーを略して「もす」と言ってるわけでもない。というおやじギャグが成り立つ。

例文

「ここでこれ燃すとどうなるだかいねえ。」

  (ここでこれ燃やしたらどうなるのかなあ。)

「けむんでるらあ。」

  (煙がでるだろうねえ。)

「そんだけかい。」

  (それだけかねえ。)

「うっとおしいこんに違いありもしんに。」

  (はた迷惑ことであることは間違いないだろう。)

「ほいじゃ燃したら怒られる?」

  (それじゃあ燃やしたら怒られるかなあ。)

「当然だの。」

  (当たり前だろう。)

文字なら意味が分かるが耳で聞くと、「も」をする?「も」をしたら?なにそれ?ってことになりかねない。

|
|

« どういう連なりなのだろう | トップページ | ラスト・フレンズその4(第2話) »

1-2・遠州弁ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40899894

この記事へのトラックバック一覧です: *もす:

« どういう連なりなのだろう | トップページ | ラスト・フレンズその4(第2話) »