« キミ犯人じゃないよね?その2 | トップページ | パズルその2(PIECE1) »

ロス:タイム:ライフ「特別」編

前後編ということで一括りとして解釈いたしましたです。とりあえずの印象は舞台のお芝居みたいと思いました。

あまり舞台には普段触れることもない生活送っているので、こういうお芝居にどうも馴れていなくて、なにがどうの言うとっかかりさえ掴めませんのでその部分はフェイントかけてスルーしますです。

全編通して出演された温水さん。お邪魔虫賑やかしキャラかと思いきや見終わってみれば成程なと思える筋書きでありました。というかこのために前の色んな物語が存在したのかもと思わせるような納得のお話しであったような気さえしてきました。汚職に絡み色んな人が暗躍するというので行動理由や目的が不明な人物が駆けずり回ってもなんら不思議のない展開で後半に繋げるのは上手いアイデアだなあと感心しましたですそんな中で能天気に人生を謳歌する温水さんとの対比が面白かったです。

対比といえば栗山千明さんとの対比も面白かったです。舞台的なお芝居で言えば栗山さんとの二人芝居において温水さんの上手さが目立った感じで栗山さんは舞台の人ではなく映画の人だと再確認した次第で。

そのあとの岸本加代子さんとのお芝居がざらつき感なく素直に観れたので益々そう思えました。栗山さん立ち振る舞いや目鼻立ちがはっきりしておられるのであまり強弱をはっきりつけられるとわざとらしく見えてしまうような気がして損なような感じがするのでやはり映画でご活躍された方がいいのではと、ど素人がいい加減な感想能書きをたれてしまいました。

岸本さんのはたき具合は見てて好きです。親しさを表現してるようで旦那との距離感が如何に近いかがあのはたきで感じられましたです。お蕎麦のシーンも泣かせてくれますです。人情劇ということで言えばこの回が一番だったように思えました。(次は伊藤淳史さんの回かな)タイムリミット劇ということならそう上位には入らないですけど意外性では樹里ちゃんの回に続く展開でしたです。

それにしても落選したとはいえ選挙に出るなんて控えめなチャンスを逃す人かと思ったんですがやるときはやる人だったんですね。人は見かけによらないものです。

順番から行くと大泉さんの回と順番が入れ替わっていると想像されるのですが、笛を拾うと審判になれるという事なんでしょうかねえ。謎が解き明かされるなんてなんかの番宣でのたまわれていたような気がしてたんですが記憶違いだったようです。わかんないのは審判団は人か天国の使い番かということ。

尾元夫婦のロスタイムが案外短いこと。離婚したと思い込んでいた年月が二人にとってのロスタイムだとしたら、あの時間設定は短すぎないかい?っていうツッコミですかねえ。ま、解釈の違いですから質問のうちに入らないですけど。

人生にロスタイムがあったらという発想の勝利のドラマですから荒っぽいところは眼をつぶるべきでしょうがこの後もあるというのならもう少しルールを詰めてほしいところです。例えば、イエローカードが出たらどう影響があるのか。レッドカードだったら?それらを出す判断基準は?

やり直すのではなくやり残しを清算するというテーマでしかもタイムリミットが明確であるというのは斬新で、まだまだ鉱脈がありそうな気がします。なので続編が出るでしょうしその時はまた見ますですよ。

|
|

« キミ犯人じゃないよね?その2 | トップページ | パズルその2(PIECE1) »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40939145

この記事へのトラックバック一覧です: ロス:タイム:ライフ「特別」編:

« キミ犯人じゃないよね?その2 | トップページ | パズルその2(PIECE1) »