« *ばば | トップページ | *かいね »

ルンペン

浮浪者・失業者のこと。よく解釈すれば放浪者。悪く解釈すれば乞食をかっこつけて言ってるともとれる。元は独逸語でぼろ・古着とかいう意味のものであったそうな。イメージ的には孤高な感じはする。乞食=ルンペンかというとそうではない感覚がある。

現代に置き換えて考えてみると、ダンボールハウスに住んでおらるる方はこう呼ばれる範疇であろうか。ネットカフェに居住されておらるる方は微妙だがこれには含まれないと推察される。

食すら乞う(施しを受ける)といういわば社会人としての尊厳を放棄したかのような印象が乞食という表現からは取れるが、何故かルンペンというとそういう尊厳はまだ残っているあすなろの木のような印象を与える。

引き篭もりという種族の方は社会の中の一員という視点からみると家族にすがってる分孤高というイメージは薄いのではあるがこの表現を当てはめても違和感は薄い。が、こういわれることはない。

ただ人を騙したり出し抜いて生活している人よりかは心優しい人物のイメージが湧くので悪人ではなれない種類の人かもしれない。いずれにしても死語である。単に使われなくなったのか差別的表現ということで封印されるようになったのかは不明であるが、テレビでアナウンサーの人が決して言うことのない言葉ではあろう。今は難民という表現に変わっているのであろうか。社会の歪みからはじき出された被害者ということなら理解できるが、戦争や災害に遭われた境遇の方々と同格のように「難民」という表現をするのはいまいち理解しづらいところではある。

|
|

« *ばば | トップページ | *かいね »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40784187

この記事へのトラックバック一覧です: ルンペン:

« *ばば | トップページ | *かいね »