« 笑っていいとも!春の祭典スペシャル | トップページ | ラスト・フレンズその1 »

*ものいい

辞書にも載ってる言葉なので方言ではないが、今は「口の利き方」という言い回しの方が共通語的であり古い日本語がまだ遠州では普段使いされているということで記載。

大相撲とかで使われる「物言いがつく」とかいう使い方ではない。もし異議申し立てという風ではなく「いちゃもん」的なニュアンスだとしたら近いものはあるが。

ものの言い方・口の利き方とか云う意味。似たような言葉では「言い草」も良く使われる。あまり好意的な表現ではないのでそういわれたら言い方に注意というか気をつけたほうがいい場合が多い。

例文

「なにそのものいいわぁ。誰に向かって口利いてるよお。あんたあんましえらそうなこんこいてるとぶっさぐるにい。」

  (なんですかその口の利き方は。誰に対してそんな事言ってるの?あまり度を越すようなら注意じゃ済まないよ。)

「なんちゅう言い草だあ。まあちっと穏やかなものいいでけんだか。」

  (なんという口の利き方なんだ。もう少し穏やかに話せないのか。)

「ああそういうものいいするだね。じゃわし、はあどーなっても知らんでねえ。」

  (ふーん。そういう事言うんだ。だったら私はもう後どうなっても知らないからね。)

|
|

« 笑っていいとも!春の祭典スペシャル | トップページ | ラスト・フレンズその1 »

1-2・遠州弁ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40830539

この記事へのトラックバック一覧です: *ものいい:

« 笑っていいとも!春の祭典スペシャル | トップページ | ラスト・フレンズその1 »