« 暴想的リクエスト(書き欠けだけど) | トップページ | 遠州方言という言い方 »

*し・せ

大雑把な意味でいえば、する・せるの短縮された言い方ということになる。

「どうしようかな」を例にした場合「どうしっかな」と「どうせっかな」と言う言い方がある。

他にも「どうしすかな」や「どうせすかな」などもある。

もっと複雑にすれば「どうしてくれすかな」・「どうしまいかな」・「どうせまいかな」とかがある。(多少ニュアンスは異なるが)

めちゃ複雑にすれば「どうさらすかな」・「どうすっかな」とかもある。「さ」・「し」・「す」・「せ」とあるから「そ」もあるかと言うとさすがにそれはない。

使い方はもちろん人それぞれであるが、一応全部基本野郎言葉である。女性が使わないのは(使ったら品が無いと言われる)「どうさらすかな」くらいであろうか。

例文

「さて、万策尽きたぞ。どうしっかなあ。」

「どうしっかじゃありもしんに。他人事みたいなこんゆってちゃかんて。」

「まあ茶あでも飲んで落ち着かまい。それからでええらあ?」

「そんなとろとろしたこんしてたら課長にぶっさぐられるにい。ちゃっとなんとかしんとお。」

|
|

« 暴想的リクエスト(書き欠けだけど) | トップページ | 遠州方言という言い方 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17908798

この記事へのトラックバック一覧です: *し・せ:

« 暴想的リクエスト(書き欠けだけど) | トップページ | 遠州方言という言い方 »