« トップセールス第1回 | トップページ | ラスト・フレンズその3(とりあえずの長澤視点から見て) »

*じゃん

相模の言葉として有名なので、ここで挙げるのはどうかとは思ったが、使うもんは使うので記載。意味に遠州独自性というものはない。「だよね」=「じゃんね」と思われるので「じゃん」の意味は「だよ」ということでそう大きな間違いではないと思われるが。用途としては言い合い・論争とかでファイトしてるような状態で使われることも多く。その際は「だよ」というより「~じゃないか」・「~だろうに」とかいう訳がふさわしい感じになる。

「ちゃんとやってる?」

「やってるじゃん。」

「全然進んでへんじゃん。」

「それじゃあまるで遊んでたみたいじゃん。大体が今日中にやりゃあいいっつったじゃん。」

「すぐやれじゃ可哀相かと思ってそうゆったじゃん。人の気持ち分からん人だやあ。」

みたいな感じ。「じゃん」と言われて「じゃん」で言い返すと基本延々と言い合いが続くことになる。

「感覚的に「じゃん」に代わる言葉としては「ら」・「らあ」とかが遠州弁っぽい代わりの言葉であろうか。

共通語で同じ表現だと、本家の相模はどうかしらないが遠州だと「じゃない」というのが共通語では同じ表現かと。つまり遠州弁の特徴として「ない」が「ん」に変わるという論法を駆使すれば「じゃない」は「じゃん」、「じゃないか」が「じゃんか」に変わるのだという理屈。まあ屁理屈だけど。

使い方というか独自性的なものとしては

「じゃんか」・「じゃんねえ」・「じゃんなあ」とかが地方独特ということらしい。(どうも当たり前すぎてピンとこないが)

例文

「待っててつっただにあんたらはあ食ってるじゃんか。誰ん食っていいっつったよお。」

  (待っててねって言ったのに、あんた達もう食べてるじゃないの。誰が食べて良いって言った?)

「そんなこん言ったって、腹ん減ってるだもんはしょんないじゃんねえ。」

  (そんなこといったってお腹が減ってるんだから仕方ないよねえ。)

「待たせ過ぎだでしょんないじゃんなあ。」

  (待たせ過ぎなんだから仕方ないよなあ。)

このブログではあまり「じゃん」表現は避けているのですが、実際は非常に良く行き交う言葉である。

|
|

« トップセールス第1回 | トップページ | ラスト・フレンズその3(とりあえずの長澤視点から見て) »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40470464

この記事へのトラックバック一覧です: *じゃん:

« トップセールス第1回 | トップページ | ラスト・フレンズその3(とりあえずの長澤視点から見て) »