« *あけよお | トップページ | 猟奇的な彼女その1 »

ラスト・フレンズその6(第3話)

墨汁なる木10で深く濃いほど味が出るってか。今回も見応えありましたです。

今回は美知留に焦点が集中した感じのする展開でした。その分他の連中の展開の描き方が淡白に映ったのですが、それらの分のパワーを全て美知留に注ぎ込んだような感じがしました。だからと云って単調に見えたかと云うとそうでもなくて状況(展開の妙)に振り回されるというよりも人(特に美知留)の心のうごめきがより深く映った回に見えましたです。

タケルへの謎の電話と小荷物の送り主との関係。それにまつわる過去にあった許すことのできない事象という存在があるのは分かったのですが序奏のみで実際に何があったのかなにも説明されないままでした。それを忘れたくて(逃避したくて)シェアハウスに来たのかというとそうでもなくてやはり瑠可が居るからと言う前向きな理由で居を変えたのでしょう。もし瑠可と出会っていなくてもタケルは崩壊することなく今のままで生きていけるのでしょうけど、瑠可に自分が変わる為の何かを託しているのでしょうか。単純に好きになったというお話しではなさそうにも見えますです。でもそれがなんなのかまだ読めません。

美知留の思考回路はなんとなく読み取れる展開でありました。行くとこがないのではなく唯一愛される場所だから戻るんだと。家族にも愛をもらえなかった人生で宗佑だけが愛を示してくれるからということですが、家に戻った行動理由は納得出来たんですがやっぱり理解はできませんですわ。「変だ・屈折してる」とかを何故言えないんだろうかと。そこまでいかなくても約束という名の束縛を了承しなくてもいいんじゃないかとも思えてきます。

宗佑が自分の許を去ってしまうと考えるんでしょうか。あんだけ宗佑カラーに染め上げたい奴が思うように行かないといって自分から去るという心理よりもなんとしてでも変えてやると思ってて。もしダメだったら泣かぬなら殺してしまえ青い鳥というタイプだと思えるんですけどね。そう思って観てたんですが最後の最後に「あたしの瑠可」と初めて反撃に出たときは「よーゆうた」と思いましたです。その後は想像がつく方向性でしたが、しいて突っ込むなら家から出すかなあと。顔を腫らすほどDVかましたんですから、病院で言い訳したみたいに収まる訳がないですから監禁するだろうと考えるんですけど。まあそこまで逝くと家庭内の問題じゃなくなるんでしょうから描かないんでしょうかね。そこいら辺(家から出す)が感情だけで行動しているゆえの甘さなんでしょうか。悪意がないのは確かでしょうけど。病気なのは確かそうです。それにしても何年かぶりであった瑠可に助けを求める美知留という人は親が他の男連れ込んで行き場がないとはいえ、他に頼れる人がいなかったのかとつくづく孤独な人生を送ってきたんだなあと感じますです。だからこそ宗佑の許に戻る決心がついたんでしょうけど。どういうところで友達を作れなかったのかというような説明があれば親切だなと思えました。

宗佑は人の心を読むことに長けた人ですね。青い鳥が逃げない理由を把握してるみたいだし、一度会っただけで青い鳥をめぐって瑠可は自分のライバルだと直感で分かる鋭さを感じますです。約束という束縛は無理難題のようなもので、DVするための口実じゃないのかとも思える約束ですよね。深いとこではやりたくない訳じゃないのかもしれないと思ってしまいますです。

瑠可は淋しそうでしたね。美知留を諭そうとした際「父親の暴力」というものを間近に見てきていながらそういう行為が幸せには決して繋がらないという説得は分からない筈ないのに、「愛されたことがなかったから」と言われて黙るしかない瑠可が切ないところでした。本当は自分が昔から世界で一番美知留を愛しているのになにも伝わっていない伝えちゃいけない(?)もどかしさが、憤って店を出る様から伝わってきました。その後の「遠い」という表現も象徴的に残りましたです。自分は父親に愛されていることを実感する分美知留よりも恵まれている(同じ立場じゃない)負い目と、自身の想いがなにも伝わっていない(自分の悩みのせいで言えなかった)虚しさが見えて。それでも助けを求められれば駆けつけ、最後は守りぬく決意を持ったというナレーションが正しいのなら全てを解放する決意を固めたということで。瑠可に迷いがなさそうですけど、果たして美知留がそれを受け止めてくれるのかどうかが心配なところですな。これで「信じられな~い。そんな目で今まであたしを見てたの。」なんていわれた日にゃあ堪りませんですよ。ま、そんな紆余曲折は誰も見たくないでしょうからありえないところでしょうけど。

航空業界にお勤めのお二人はシェアハウスが楽しい場所を表現する賑やかしなんでしょうか。今回はそういう風にしか見えませんでしたが来週なんかあるんでしょうか。タケルとこの二人の問題が交差し始めたら物凄く複雑なものになりそうな気がするんで今回のじっくりは貴重な回だったんでしょうか。それともひとつづつ順繰りに解決して行くのでしょうか。

|
|

« *あけよお | トップページ | 猟奇的な彼女その1 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40985280

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト・フレンズその6(第3話):

« *あけよお | トップページ | 猟奇的な彼女その1 »