« *とちくるう | トップページ | Aroundo 40 ・ 注文の多いオンナたち その1 »

キミ犯人じゃないよね?その1

この時間枠、いままでは関東より一週遅れの放送だったのが同じ日になった。素直に喜ぶべきことでありまするぞ。

ところでしほりんが出演のこのドラマ。全然ドラマと関係ない感慨というか、もうSGから大分年月が経つ中で「樹里ッペ」とはもう呼べず「樹里ちゃん」・「ユイカ」と呼び捨てももう出来ず・「ベス」だって「水田さん」などなどとそれぞれ変わりつつある中で何故か「貫地谷しほり」さんは「しほりん」と未だに呼んで抵抗感のないお方であります。脱線ついでにいえば「辰巳奈都子」さんの「罪子」に関してはガールズ最年少にも関わらず今のところグラビアアイドルとして一番野郎を惑わす雰囲気が増殖されてその名に小悪魔的な要素も加味されて磨きがかかったような気もするガールズもいるにはいるのですが。(グラビアは門外漢なので正確なことはわかりませんけども)ホントしほりんは変わらない庶民的というか雲の上の人には思えないけど実はすんごくいい役者さんという裏腹なギャップを持ったお方です。

で、戻りますがとにかく非常に自然体を感じさせる役者さんで、ホントに上手いんだろうなあと思わずにはおれない「しほりん」の印象であります。SGの頃からもう上手かったので他のガールズほどに劇的に変わったなんて部分が私みたいな素人には分からないからいつまでも変わらないイメージがあるんでしょうか。力の入れ具合というのが多分絶妙で自然な印象を受けるのでしょう。風林火山の時のような重厚なものから今回の気の抜けたようなものまでとても幅の広さを感じます。

今回のコメディタッチのドラマですけど、推理物とくくるとなんか味気ない超薄味でしかも犯人の告白シーンの長さは、サスペンス劇場の2時間ドラマにおける崖の上での告白シーン並にありまして、なんかバランス的にほにゃ?という勢いでありましたが。ただ密室のトリックのくだりは流石だなあと思います。犯人がさくらの携帯の番号知ってるってとことかなんだかなあという甘めの雰囲気もちらほらとという感じで捜査ものとしてはホント薄味に思えます。推理は面白いんですけどね。

導入部分というかコンビ誕生のシチュエーションはコメディとしてすっきり厭味なくて気持ちよかったです。コンビ間のテンポもサクサクで心地いい感じですしバイトと称して色んな仮装するお約束も愉しめそうで嫌いじゃないです。キャラクター的にも要さん扮する宇田川の裏がない軽薄さが好感もてますし、しほりんが演じるさくらの過去を引きずる(まだ謎)奥行きというか表面と内面の顔のアンバランスさが垣間見られる若干複雑なキャラで、そのマッチングが面白そうかなと思います。事件の捜査においてもアホな宇田川のおかげで警察権力ときちんと関わっていて無理がないし、捜査協力の動機においても金銭という問答無用な動機でまあありかな(コメディだから)と納得しましたし。掴みはオッケーです私的には。決め台詞になりそうな「キミ犯人じゃないよね」も使うタイミングいいです。全体的な印象は金剛地さんが鑑識やられてるせいで引っ張られているのかもしれませんがケー○イ刑事みたいな雰囲気に感じられました。

まあ、シビアな感想言わせてもらえるならば、一回見ただけで言うのは時期尚早ではありますが、第2のトリックになりうるかというと疑問符がつきますしこの前の未来講師めぐるほどのエキセントリックな空気感が存在するわけでもなしと正直人に薦める程の勢いは第一回を見た限りでは感じられません。この勢いで最後まで進むと言うのなら評価的には役者さんについてる固定ファン以外には厳しいものになりそうな雰囲気がします。明智小五郎と怪人二十面相じゃないけどそういうライバルが出現するかトリックというか謎解きにもっと時間を割いたり、犯人の告白で動機を語らせる時間を短縮又は省略して他のアホなことに時間を費やした方が面白いのになあとは勝手に思ったりなんかします。ミスマープルも灰色の頭脳も動機や自白に深い興味がないように推理が主で事件解決が主とならない方が面白いような気がするのですが。カップラーメンから解決の糸口がみつかっているのですからそういう目はあると思うんですけどゲストの犯人さんに気を使われ過ぎておられるんでしょうか。

悪口にとられるのは本意ではなくもっと愉しみたい欲の発露でありまして決して見限るつもりはなく最後まで観るつもりであります。もっともまだ第一回。これからどんどんエンジンが掛かってくるのかもしれません。売りがまだはっきり見えていないだけかもしれませんし。少なくともしほりんや要さんに不満はございませんです。

|
|

« *とちくるう | トップページ | Aroundo 40 ・ 注文の多いオンナたち その1 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40848184

この記事へのトラックバック一覧です: キミ犯人じゃないよね?その1:

« *とちくるう | トップページ | Aroundo 40 ・ 注文の多いオンナたち その1 »