« 坂の上の雲の番宣 | トップページ | 悩むとこです »

ひらっち

「平岡祐太」さん。私にとっては「ひらっち」。SGの中で唯一の野郎という存在。SGファンの残党と名乗るものとしては気に留めなくてはいけない筈なのですが男に対してはさすがに興味は薄くドラマや映画以外で出演されるものまでチェックする意欲がない現状であります。

そもそも中村拓雄という役はイケメンとはかけ離れたとこに位置する役であり、かといって引き篭もり程の陰鬱なキャラクターでもない極めて普通な役であったわけで。その好演が光って見えただけにその後のちょっとすかしたイケメンキャラに舵を向けるのは競争率高そうなとこにあえていく必要があるのか疑問ではありました。

とはいっても、SGでは樹里ちゃんを、たったひとつの恋では綾瀬はるかさんと、プロポーズ大作戦では長澤まさみさんとファーストキス・チェケラッチョでは井上真央さんとなどなど数え上げたらキリがないほど主演の役者さんをサポートされてきているわけで。その存在感は着実に実績を積み上げられて来ておられる方でした。

それで最新では放映してた「だいすき」。ドラマは詳しく見たとはいえないいい加減な私ですが、このドラマの印象は「僕の歩く道」を連想させるイメージで、くしくも兄弟役であっちはユイカこちらはひらっちという奇遇を感じさせるものでした。そういう意味では役どころはしっかりさりげなく女優(?)さんをサポートする方向性がぶれることなく向いていると読めるのですが、「ひらっち」と呼べるのがSGのみで後は平岡さんと呼称すべき感じでなんとはなしにもったない感じが若干ありますです。

世の中イケメンブームとかでわんさかここぞとばかりに逸材が出現してる時代。幅を広げる意味でも違った色味を魅せて欲しいところです。せっかくプロポーズ大作戦で濱田岳さんというひとつの可能性の見本とすべき方と共演されておられるのですから感化されて欲しいなあと何気に思う次第で。才を埋もらせるのはもったいなあと。

もちろんこう言うこと書くと「平岡祐太」ファンの方から一家言あるでしょうがねじ曲がってはいてもあくまで期待していることの裏返しですので素直に思ったことを書いたまでです。なので「すかしてんじゃねえよ」と書いてる訳では決してありません。

|
|

« 坂の上の雲の番宣 | トップページ | 悩むとこです »

2・スウィングガールズ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40609509

この記事へのトラックバック一覧です: ひらっち:

« 坂の上の雲の番宣 | トップページ | 悩むとこです »