« あしたの、喜多善男第十日 | トップページ | 斉藤さん第十話 »

*ため

最早全国語に昇格したが元は方言の出自らしい。しかも静岡県の。

タメ口・タメ張るとかで同格・横並びと云う意味で共通語では使われているが、シンプルに「タメ」と云う場合は同い年という意味に遠州弁では限定されることが一般的となっている。

しかもイントネーションが「タ」が強くなる。

同い年ゆえの馴れ馴れしさを含むので状況を考えて使わないと大変失礼にあたる場合が多いのでそういう出会いに興奮したとしても注意が必要である。しかも当人以外の周りは結構冷ややかである。

例文

「なんかえらく話しん合うだけど、もしかしてタメ?」

「何年よー。」

「○○。」

「おー!わしもそうでえ。じゃタメだの。」

「ほうけえ。タメけえ。そいじゃ気い使って損こいたのえ。」

「確かに!」

|
|

« あしたの、喜多善男第十日 | トップページ | 斉藤さん第十話 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40438735

この記事へのトラックバック一覧です: *ため:

« あしたの、喜多善男第十日 | トップページ | 斉藤さん第十話 »