« *「さす」と「す」の使い方 | トップページ | 未来講師めぐる第八話 »

*んで

単純に「んで」だけなら、「そんで・ふんで」(それで)という意味になる。

「んでなによー」だと「それでなんだい」という意味になる。

それとは別で、「やらんで」(やらないで)・「せんで」(しないで)・「しんで」(しないで)といった使い方になると~ないでと言う意味になる。他の近い言い回しでは「やらんくて」・「せんくて」・「しんくて」などがあり、こちらは~なくてというのもある。

勿論ただ読みがたまたま同じなだけで「それで」と「~ないで」が同じ言葉から発生している訳ではない。

例文

「ただいまー。」

「あれえ、なんか買い行くっつって出てった割りにゃあ手ぶらじゃんか。どうしたよー。」

「うん買わすと思って行っただけどさあ。なんか知らんが値上がりしとって銭ん足らんもんで買わんで帰ってきた。」

「まあ金貯めるだの。貯金もしんで遊んどったら給料よりか高いもん買えんでの。」

「ふんだ。そんときゃローンで金借りるでええわ。」

「冗談で言っとるならええけど、本気(マジ)だったらぶっ殺す。」

「うそうそ冗談に決まってるじゃんか。そんな怒らんだっていいじゃん。」

「当たり前じゃん。返せもせんで借りて首ん回らんくなったら遅いだでねえ。んでどう工面せるだ?」

「なーも考えちゃいん。」

「買う気ないだらあ。」

「ふんだだことあらすかあ。買う気まんまんだけど知恵がないだけでえ。」

|
|

« *「さす」と「す」の使い方 | トップページ | 未来講師めぐる第八話 »

1-2・遠州弁わ・ん行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17850789

この記事へのトラックバック一覧です: *んで:

« *「さす」と「す」の使い方 | トップページ | 未来講師めぐる第八話 »