« 斉藤さん最終話 | トップページ | コンケルド⑤ »

*ざあ

歌舞伎だかなんだかの演目「白浪五人男」での有名なセリフ

「知らざあ言って聞かせやしょう。」

で有名な「ざあ」。世間では古い言葉かもしれないが、遠州では当たり前に現役の言葉として使われている。ただし意味使いは変化している。

「しらざあ・・・・」のセリフを今の遠州弁にすると

「知らんだったら教えちゃるにい。だで、よー聞きない。」となる。

今の使い方では、「やらざあ」(やろうぜ)・「買わざあ」(買おうよ)・「行かざあ」(行こうぜ)

といった「~(し)ようよ・~(し)ないと」という意味で使われることが多い。「結婚しようよ」を「結婚ざあ」とは言わない。脱線するがこういう場合は「結婚しまいか」・。無理に「ざあ」を使うとしたら「結婚式やらざあ(まい)」。

古い使い方のほうは「ずば」「ずんば」という意味であろう。辞書によると「ざあ」は「ずば・ずんば」の俗語となっている。なので以下の使い方は方言というよりも昔の日本語をまだ使ってるということになる。

「知らざあ」(知らないんだったら)・「買わざあなるまいて」(買わなくちゃならないだろうに)

ちなみにこちらの意味は現在は「にゃあ」・「んだったら」・「んと」とかの表現に変化してきている。

「知らんだったら」・「買わにゃあ」(買わなくちゃ)・「買わんと」(買わないと)

|
|

« 斉藤さん最終話 | トップページ | コンケルド⑤ »

1-2・遠州弁さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17909668

この記事へのトラックバック一覧です: *ざあ:

« 斉藤さん最終話 | トップページ | コンケルド⑤ »