« 薔薇のない花屋その8 | トップページ | あしたの、喜多善男第九日 »

*いきなし

行きなし(行かずに・行かないで)といった意味使いもあるが、「いきなり」が訛るとこうなる場合がある。なので「いきなしいきなし」(いきなり行かないで)という表現も実在する。

「り」が「し」に変わるのは語呂が合うと云うか言葉のリズムを整えるためと想像される。意味に変化はない。

例文1

「いきなしなにょこくだあ。」

  (いきなり何を言うんだ。)

「いきなしたあなんでえ。きんのう言ったら?聞いてん方悪いらあ。」

  (いきなりとはなんだ。昨日言っただろう。聞いてない方が悪いんだよ。)

例文2

「きんのうまで500円だっただに今日んなったらいきなし550円になっとった。随分だと思わん?」

  (昨日まで500円だったのに今日になったらいきなり550円になってた。随分な話だと思わない?)

「周知やりなしいきなしだかいねえ。そんだったら随分な話しだの。」

  (お知らせなしでいきなりしたのかねえ。それだったら確かに随分な話だね。)

「だらあ。貧乏人にはつらい話しだらあ?」

  (でしょう?貧乏人には酷な話しでしょ。)

「だけどいきなしいきなし確認すりゃあよかったじゃんか。」

  (だけどいきなり行かずに確認してからにすればよかったのに。)

|
|

« 薔薇のない花屋その8 | トップページ | あしたの、喜多善男第九日 »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40360835

この記事へのトラックバック一覧です: *いきなし:

« 薔薇のない花屋その8 | トップページ | あしたの、喜多善男第九日 »