« 意外と意思が伝わらない表現 | トップページ | *ため »

あしたの、喜多善男第十日

ここまでお話が進んでしまうとリカと平太の固い絆のルーツを描く事はなさそうですが、今はやりのスピンオフとか云う奴でもいいから観てみたくなり申した。

に、しても展開の流れが前回辺りから怒涛の流れになって、少し頭の中を整理しないと「よかったあ!」と云う感想しか書けそうにもないんで、ちと順不同ではありますが整理しがつらすすめてかうかと思うちょりますです。

*みずほ。腹心の叛乱にあい警察沙汰となって現在地は警察内。されどみずほ本人は自分が殺人を指示した覚えなし。指示者が誰かも分かっていない状態。催眠とまではいかずとも三波さんの企みの後遺症によって別人格にみずほが起こしたことで現在のみずほ本人が気づいていないだけなのか。それとも保険調査員の「勘が外れたことが無い。」を鵜呑みにして、みずほに濡れ衣を着せようとしていてまんまとそれに嵌ってしまっているのか。

そしてこの状態に置いて、喜多善男を救う理由は社長辞任によって損得勘定が成立しなくなった為、死のうが生きようがお構いなしなのではないのか。だとしたら平太の「助けてくれよ。」の言葉に真剣に応えるのだろうかと云う疑問。

*平太。何の裏も無く喜多善男を救おうと奔走している。が、現在のところ効果なし。最愛のリカは取り調べ中。

*三波さん。喜多善男との面会時において企みの後遺症などではなく喜多善男本人の逃避癖によってネガティブ人格が発生したと云う事で、せめてもの償いとしてネガティブ人格を消滅させ現実とあらためて向き合う道を喜多善男に提示した。これにより、みずほに対しても精神操作を行ってはいないしまだ引きずっていると云うことも否定しているとも考えられる。少なくとも未遂であり犯罪性のない人物でありそうではある。

*宵町しのぶ。平太と同様喜多善男を救おうとしたいのだが身動きとれず脅迫(?)的なしのぶへの依頼もみずほの会社からの追放というお家騒動により効力を為さず、右往左往状態。

*喜多善男。三波さんと再会しネガティブ人格を消滅させ現実と向き合う状態に心理が変化した。一時期パニックになったが再び平太の元へ訪れた時には本来の状態に戻っていた。結局死に向かう方向への歯止めとならずカウントダウンを止める気配なし。

プンプン匂うのは、みずほにけんもほろろに振られた森脇が社長偽装殺人の犯人っぽいって事。この展開で喜多善男が死んでもなんの益にもならないという事。結局現実逃避で死ぬんだったらドラマとして11回も放映しといて成立するエンディングかという疑問。

疑問といえば、保険料払いたくないから調査してる保険調査員が、みずほが犯人ではないのではと疑う理由があるのか。あくどくはあっても冤罪は納得しないという正義感からなのでしょうか。いまいち良く理解できません。自分が保険に関する知識が欠如してるせいでちと辛い。

いよいよ最終回。目玉は社長殺人の全貌の解明と、喜多善男がどう再生されるのか。保険金の行方はどうなる。何度も書きますがこれで望みどおり死んだらホントしょーもない展開ですよ。そして登場人物のその後。甘ちゃんの私としては万事丸く収まって欲しいとこではあります。

いやあホント辛抱して見続けてて良かったですわ。最初は展開の援護なく役者力だけでドラマが淡々と進んでたように感じられて。後半からは怒涛の展開の援軍を得てばく進って勢いでホント来週が楽しみです。

|
|

« 意外と意思が伝わらない表現 | トップページ | *ため »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40377394

この記事へのトラックバック一覧です: あしたの、喜多善男第十日:

« 意外と意思が伝わらない表現 | トップページ | *ため »