« *んじゃさあ | トップページ | 4姉妹探偵団第九話 »

未来講師めぐる第九話

世間では今日が最終回。だけんど静岡県は来週が最終回。だもんでズレてるだよね中身が。まあ、リアルタイムでも内容はどっちゃみっちゃズレてますけど。

今回は最終回に向けて盛り上げる前段的な展開で、ハチャメチャ度とコミカル部分が甘さ控えめのビターな内容でした。悪の権化たる栄作おじさんに捕んまさった二人の運命は如何なる事に相成り候や。ってな具合でおました。

だけに、多少こう云う展開になるとちょっと待てとばかりにツッコミ入れたくなる悪い癖が疼きましたですわいな。口頭と云うか自己申告で「自慢」能力者であると告白した訳ですが、証明されてるというか確たる証拠を提示していないのを、何故みんな素直に信じるのか不思議であります。警察までも逮捕にまで及ぶのかと云う感じです。何を証拠にお縄を掛けれるんだろう。これでどう立件できるんだろうかと。まあ、これについてはなにか仕掛けが用意されてそうな匂いはしておりますが。

雑誌に載って記事が踊る愚民も踊るというのはそこはかとなくキツイジョークになってるのは分かるんですけど。

ご両親が実は離婚してなかったってのは意外と驚きではありましたが、じゃ何故カワユイ我が子を爺ジに預けにゃならなんだのか。経済的に逃げ回ってたと云うのでも12年間行方知れずの理由がイマイチ説得力不足。連絡というかことわりをひと声掛けといてもバチは当たるまいて。でも笑えたからまあいいかあ。

20年後にお縄頂戴の未来が今現実の光景になってるのはなんで?そこが来週にかかる展開なんでしょうね。でもこういうタイムなんたら物ってのは全うに考えると私の頭では脳みそが爆ぜます。そういう意味ではユーキの気持ちが良く分かる気がしてきました。

全体的に今回はなんかテンポがいつもよりか早かったような気がするッス。そんな一杯詰め込まれてたんでしょうかねえ。

*「自慢」が消えた、開放感と無念さが交差し揺れ動いた、その間に「自慢」をばらして「自爆」した、相談したいが今のユーキでは頼り無い、したら似た人が出現してそちらによろめいた、今度は母に相談しようとしたら新事実を知ってしまって愕然とした、また復活した。したら捕んまさった。

*めぐるを拉致せんとうごめく栄作であったが、我が子に能力ありと知って標的を変更しじっちゃんと共に拉致した。

こう大雑把にしてみると決して色んなことが詰め込まれてる感じはしないけどやっぱあれですよね、それなりに甘さ控えめな展開だっただけにめぐるの迷走具合が気忙しく映ったんでしょうかね。そう考えると今までは結構行動に芯が通ってたんですかねえめぐるは。いつもは目的に向かってまっしぐらだったけど今回は迷走しっぱなしだったからということなんでしょうか。

とにもかくにも次は最終回。能天気な善人ばかりのお気楽な世界感だからこそ心置きなく馬鹿笑い出来たけど、栄作の出現でそのエッセンスが薄くなってしまった感のある勢いですが、はてさてどうなりますやらって全国的にはもう終わってるのか。

|
|

« *んじゃさあ | トップページ | 4姉妹探偵団第九話 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40501358

この記事へのトラックバック一覧です: 未来講師めぐる第九話:

« *んじゃさあ | トップページ | 4姉妹探偵団第九話 »