« かりかりする | トップページ | *ごんじゅう »

刑事の現場第4話

最近のドラマではこういう表現に当てはまるのがなくてすっかり忘れてました。

「重厚感」と「重量感」。このドラマにはこの表現が適切だと思い出しました。スピンオフ作品(?)の「鑑識の現場」を見て、その違和感を感じる軽さと比較できてより一層そう思えるようになりました。そういう意味では重い軽いを出し入れ出来る役者さん方はすげえなと思うのですが。うーんどうでしょう。

このドラマを安心して観ていられる理由のひとつとして、若者を半人前として周りが扱っていることです。当の本人達は敵わないとは思っているが自分たちは一人前だと信じてとても前向きに映ってるところです。つまり育てよう・育とうとする雰囲気があるということです。

現実にはもういきなり即戦力としてノルマや結果を求められる人を育てる余裕のない社会になっているだけに昔懐かしいラムネの味を思い出すような感覚と一緒です。まあせっかく教え込んでも途中で転職という呼称の離脱を罪悪感も薄く平気でされる方の身になれば対応策としては致し方ないとも云えるのでしょうけれども。このドラマにおいては一度決めた自分の道を終生勤め上げる美学が肯定されているだけに安心していられるのでしょう。

流石に最終回は些細な躓きから雪だるま式に罪が膨らんでいくテレビニュースなんかが絶対ほっとかないような大きな事象が描かれていましたが、大味な感じはしましたがいつも通り役者力バリバリで見ごたえありました。今回は石倉三郎さんがやけに印象が強く残りました。忍成修吾さんと北村有起哉さんもイメージ強かったです。つうか出てらっしゃる皆さん全部ええですけんどね。

愚痴垂れなば、平成の世継ぎを覚ます警鐘劇、たった4回じゃ刑事育たず。

やっぱ無理だんべ?4回じゃあ、さあやるべ(見込みがあるから)で終いという感じでした。もうちっと観たい訳ですが、二人も定年させてしまって層が薄くなっちゃいましたから続編は期待できそうにもありません。残念です。

第2話が秀逸でした。これ観れただけでホント満足です。

|
|

« かりかりする | トップページ | *ごんじゅう »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40603229

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事の現場第4話:

« かりかりする | トップページ | *ごんじゅう »