« *~すけえ~すかや | トップページ | 斉藤さん第九話 »

*やあ、その2

色々と使い道があるだけに聞き分けが出来ないとつらいのと、遠州弁の代表的な言葉なので憶えていないと始まらない基本中の基本ともいえる。前回では一部のみを説明したが今回は少し広めで

*おい!

呼ぶ時に発する。「やあこっち来いやあ。」

*おーい

なんだよー・えー!という感嘆詞。「やあなんでえそりゃないらあ。」

*えば(~すれば・~したら)

「買やあいいじゃん」(買えばいい。)「貰やあいいらあ」(貰えばいいでしょうに)

*思ってる・感じてる

嫌を例にとると、「ど嫌やあ」では「嫌だなあ」と言う意味になる。「やあ」を抜いた「ど嫌」・「馬鹿嫌」だときっぱりと言い切る感じになる。

他には「あいつ馬鹿やあ」(あいつは馬鹿だな)といった「~だな・だよ」という意味にも使う。

まだ色々とあるが、これら全てが元は同じかどうかは知らない。というか違うだろうな。ただ偶然「やあ」に変化した言葉がたまたま一杯あったのかと云うことであろうや。

|
|

« *~すけえ~すかや | トップページ | 斉藤さん第九話 »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17893043

この記事へのトラックバック一覧です: *やあ、その2:

« *~すけえ~すかや | トップページ | 斉藤さん第九話 »