« 薔薇のない花屋その5 | トップページ | 10億PVって »

*くっちゃべる

ぺちゃくちゃしゃべる・無駄口をたたくとかいう意味。しょうもない事を話していやがるというニュアンスを含む。したがって自身の言い様を「くっちゃべる」とは普通言わない。

似たような表現で「をたこく」というのもあり、こちらは「ぺちゃくちゃ」という意はなく「無駄口」・「ほら話」という意で使われている。

例文

「やあなにょうしょーもないこんさっきからくっちゃべってるだあ。仕事しろやあ。」

  (おい何どうでもいい事さっきから話してるんだ。ちゃんと仕事をしろよ。)

「いいじゃん別にい。手え止まってる訳じゃないだで。仕事してるらあ。」

  (いいじゃないの別に。手は動いてるんだから。仕事してるでしょうに。)

効率だけを考えれば無言の行を行いながらの方が確かに正解ではある。しかし働いていて楽しいと思える環境はイレギュラーの対応や逆境に強い場合が多い。

|
|

« 薔薇のない花屋その5 | トップページ | 10億PVって »

1-2・遠州弁く行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17863853

この記事へのトラックバック一覧です: *くっちゃべる:

« 薔薇のない花屋その5 | トップページ | 10億PVって »