« *CHAN BEE | トップページ | 憑神 »

フルスイング第三話

いよいよついに本人の意思に関わらず周りの期待としてこの地に呼ばれた訳(元プロ野球のコーチ)による軋轢と葛藤というものが描かれた回です。ドラマゆえの脚色というのは当然あるのでしょうけれども、フルスイングというタイトルに偽りなしの余計な飾りのない真っ正直な感じがしてきます。

実話がベースだと知っていなければ嘘臭い作り話じゃないのかとさえ思える程の絵に描いたような感動ものなお話しです。セリフがちくちくと心に訴えかけてくるような引力で惹きつけられます。ホントにこんな人がいたんだあと。

私は野球はあくまで高校の部活のひとつであって特別なものだとは思わない考えなので、全校挙げて応援するにおいて他の部活やってる生徒たちの練習を割いてまで(まあ自主参加ですけど)行う特別扱いってのは好きくないですけど。

そういうことを差し引いても、好きなもの・ことをやれる喜びと感謝の心によって人はより輝いて見える。それは周りを巻き込んで幸せになれることなんだと。そんな輪の中に自分もいてみたいと思えてくる感じです。それにしても何事にも前進でめげない感じに見える方です。愚痴もなければ批判もない。反省と目標に向かって邁進する馬力の力強さ。スポーツマンとはかくたるものかと元文科系帰宅部員にはそう思えてきます。

例えそれがはったりであってもかませる事が出来る人が素直に自分羨ましいッス。好きで始めたことであってもそれが仕事になったら好きな事ばかりやって済む話ではない筈です。だけど恒に好きだからやってるという心を忘れなければ、その方に重心がいっていれば、くじけることなく進んでいけるんだろうなと思わせてくれます。

ほんと人の背中観て勇気を貰うとはこういうことなのかなと思える方であり、そういう部分を上手く抽出して魅せてくれているドラマです。頑張るとか精一杯とかってのはこういうことなのかなということを見せてくれてるようで。

|
|

« *CHAN BEE | トップページ | 憑神 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17930455

この記事へのトラックバック一覧です: フルスイング第三話:

« *CHAN BEE | トップページ | 憑神 »