« アクセス解析データをブログに表示 | トップページ | 鹿男あをによし第七話 »

金切り声を上げる

おそらくはもう死語となっているであろうと思われる。

普段使いでもドラマなどでも使っているのを最近は聞いたことが無いので。

のこぎりなどで金属を切るときに発生する甲高い音に喩えて、うわずった声の上をいくヒステリックに近いときに出す声のこと。

悲鳴もこれに含まれるかはよく知らないが、基本は女性の声となっているのでおそらくは男女平等の理念から消え逝く運命になったのだろうか。それとも工作が日常のことではなくなったことによって身近な音の表現という条件に適さなくなったのか。

それに替わる表現としてはなにがあるのだろうか。「キンキン」とか「鼓膜が破れる」とか「キャンキャン」とかであろうか。「うるさいなあ」と耳を押さえるというのが一般的かもしれない。よくわからない。

|
|

« アクセス解析データをブログに表示 | トップページ | 鹿男あをによし第七話 »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40301186

この記事へのトラックバック一覧です: 金切り声を上げる:

« アクセス解析データをブログに表示 | トップページ | 鹿男あをによし第七話 »