« 鹿男あをによし第五話 | トップページ | 白いなっちゃん »

*みかん水

とある清涼(?)飲料水の名前なのだが、これってもしかして地方独特の飲み物なのかと心配になってきた今日この頃です。

随分前に存在してた俗に言うジュースで、名前から連想するとミカン汁を砂糖水で薄めた印象を受けるかもしれないがそうではない。感覚として表現すると、炭酸の入っていないサイダーであった。聞くところによると昭和の始め頃にはもう存在していたらしい。

ガキの頃は駄菓子屋でみかん水にするかミルクセーキにするかでいつも悩んでいた記憶がある。ミルクセーキは手にかかるとべとべとになるくらいひたすら甘い飲み物で今のミルクセーキと呼ばれるものとは全然つながらない単なる同姓同名みたいなものであった。それにくらべればみかん水は甘いとは感じなかったのだが。ちょっと前に懐かしの味復刻とかいってコンビニとかに出回ったときに物凄く久し振りに飲んだらがんこ甘かった。お誕生会とかのイベントで、生クリームがまだ世に出回っていない頃のケーキとセットでよくぞ飲んでたものだと感心しきりの甘ったるさである。やはり年相応。子供の頃に飲むものであった。

今も同じ名前で発売されているらしいが、私の子供の頃の人工甘味料の使用基準とはことなるので、おそらくは同一の味ではなく現代に即した飲み物であろうと思われる。その商品については飲んでいないので分かりません。くれぐれもこの記事見て敬遠されないよう願います。

今の清涼飲料水と飲み方が異なって、その頃の飲み物はちびちび飲むものであった。ぐびぐび飲む様になったのはコーラやファンタが幅を利かせ始めるようになってからくらいではなかろうか。なにせそれ以前のファンタとかと同じ炭酸飲料のラムネからして、ビー玉がすぐ蓋してぐびぐび飲める筈がない。

|
|

« 鹿男あをによし第五話 | トップページ | 白いなっちゃん »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40077269

この記事へのトラックバック一覧です: *みかん水:

« 鹿男あをによし第五話 | トップページ | 白いなっちゃん »