« 佐々木夫妻の仁義なき戦いその3 | トップページ | トラックバックと記事の引用について »

*うーおこれるう その2

重複していたが消すのもなんなのであえてその2とす。

怒っていると言ってる訳ではあるが、ニュアンス的には「プンプン」という感じの意味である。「うーむかつくう」もほぼ同じ用途である事が多い。

決して「ムカムカ」とか「イライラ」とか「カッカ」とか言うものではない。なのでこういわれたからと言って真に受けてしまうと、空気読めない奴と思われる。ポイントは「う」が入るか入らないか。「うーおこれる」と言い切られると「プンプン」の領域を越え「ムカムカ」に近くなる。

そして、これに「ど」や「馬鹿」がつくと「う」が入っていても「ムカッときた」とか「イラっときた」というニュアンスになる場合があるので注意が必要となる。

例文1

「これ喰わんなら頂戴。」

  (これ食べないなら頂戴。)

「やだね。」

「そういわすとお。」

「あ!ばかっつら。ホントに食べたあ。うーおこれるう。信じれん。後で食べようとしてただにい。」

  (あ!ちょっとお。なんで食べちゃうのよー。もー信じられない。後でゆっくり食べようとおもってたのに。)

例文2

「これ喰わんなら頂戴。」

  (これ食べないなら頂戴。)

「やだね。」

「そういわすとお。」と言って手を出す。

「うそ!なによー。うーどおこれる。ホントなにするよー。あったーくるなあ。」

  (え!なにするの?なにしてくれるよ。頭来たむかつく。)

|
|

« 佐々木夫妻の仁義なき戦いその3 | トップページ | トラックバックと記事の引用について »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17825329

この記事へのトラックバック一覧です: *うーおこれるう その2:

« 佐々木夫妻の仁義なき戦いその3 | トップページ | トラックバックと記事の引用について »