« *どばか | トップページ | トラックバックの効能 »

獲らぬ狸の皮予想

フジテレビの次回のドラマで「長澤まさみ」・「上野樹里」・「瑛太」の御3人方の出演による作品が決定したそうな。

内容に関しては観てナンボなので今のうちからとやかく言うことではないのですが、この話しを知った瞬間の頭の中を巡った考えを記録しとこうかなと。尚、敬称が異なるのに深い意味はありません。

*長澤さんと樹里ちゃんが共演?

両雄並び立たずの言い伝えが今も生きているのなら、近い将来(もうすでにかもしれないけど)日本映画を支える中心辺りにいてくれそうな二人が人間的にというのではなくお芝居上で上手くウマが合うのかしらむということ。根拠がある訳じゃなくて感覚でそう感じたんで。観てるだけ~の素人ですから納得のいく説明なんかは出来ないんですけど、一生横並びで出会うことのない印象だと勝手に描いていたんでしょうかねえ。

樹里ちゃんは限りなく己を排除して演出家の描く役に近づこうと努力するタイプだと推測しているのですが、長澤さんは演じていて凄く気持ちのいい瞬間というものが訪れた時役者やってて良かったとどこかで述べておられた記憶があります。かように明らかに違うとは言わないが同じとも思えない。表現が違うだけで本質は一緒かもしれない。良い悪いとかでも当然ない。結果が違うとは思えないが至る経過は異なるのかも。てなことでスタイル・スタンスとかがなんか違うイメージがあるんですよ私には。あってるかどうかは知りませんけど。

樹里ちゃんって「のだめ」で代表されるようにありえないものを擬人化ではなく人化させて違和感を観る側に与えない説得力があると思っていて、長澤さんは「南ちゃん」の時のように南に見えるかどうかじゃなくこれが南だといわれたら納得するしかない説得力があると思ってます。

私の勝手な都合としてですけど。SGファンとして樹里ちゃんは17人の中の旗頭的存在でいいときだけファンである私としては当然期待してる方だし、長澤さんは遠州人として良い時も悪い時も応援してる訳だけど。正直私の意識の中では全く違う世界にいるお二人というイメージを持っていたらしく、共演ということを聞いたとき、あ、同じ世界の住人なんだと気付いたようなもんですわ。視点が違うのをどうやって一度にふたつ同時に見なくちゃならんのだ?という観賞方法が分からないってこともあるし。いつもえこひいきしている贔屓されてるもの同士が重なってしまったら、そんときゃどっちをえこひいきすりゃいいんだという究極の選択って奴ですかね。

*これで樹里ちゃん矢口監督のハッピーフライト出演の目が「はい!消えたぁ。」か?

実はこれを一番密かに期待してただけにがっくし度は高い。

*「長澤まさみ」映画はいつ出る?

去年はわずか1本。脇もチョイもなし。今年はとりあえず1本確保。まさかこれで終いじゃなかろうねえ。

*上野・瑛太ラインは堅固だ

長澤・塚本ラインも強固だけど今回はこっちのラインかあ。ちなみに私は良ければいいんでマンネリとかとは決して思わないほうです。

|
|

« *どばか | トップページ | トラックバックの効能 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40013468

この記事へのトラックバック一覧です: 獲らぬ狸の皮予想:

« *どばか | トップページ | トラックバックの効能 »