« お茶犬時計を追加 | トップページ | *いやらしい »

鹿男あをによし第六話

延ばしますよねえ、引っ張りますよねえ狐の使い番が誰なのか。今回のお話しでなんか進展あったんでしょうか。

「目」を「サンカク」と言い換えて鹿の使い番をだまくらかいたということだから、多分それが重大なヒントなんでしょうね。これが解ければ全てが解決なんでしょうけれども私の知能では解けません。なので最終回まで引っ張られることになりそうですわ。

他には小川先生が長岡先生に嫌われたということくらいでしょうか。それと時間が無意味に過ぎているくらいですかねえ。藤原先生に聞いてもらえばもっとあっさりケリがつくのにと他力本願でいいじゃないのと思いながら見てました。

こんなところでしょうか今回の印象は。とりあえず堀田の行動を第一回から見直して来週に臨むことにします。

正直全体的な展開には思わず引き込まれて面白いんですけど、個々の回には回り道とか迷子な展開の回とかが何回かある様に感じられてしまって。これが全てエンディングへの伏線なら見事にたぶらかされてると云う事で「スゲー!」となるんですけど。単純に期待持たせのフェイントばかりだったらなんだかなあという勢いです。

で、まあ第一回から見直してるんですけんど、堀田の行動(黒板の落書き)は全て鹿が持ち得る情報ばかりですから、堀田は鹿と情報交換をしていると読めるのですけんど。使い番以外とは会話しないという鹿の話しを真に受けるとすると謎が深まるばかりです。狐は動物園の檻の中で暮らしているのだから小川先生を監視できる状況にはいない訳だし。

そうすっと考えられるのは鹿が嘘ついて堀田も使い番とまではいかずとも鹿の使いと言う考え。もうひとつは鼠が神出鬼没の存在ならば鼠も小川先生を注視していてそれを鼠の使い番である堀田に伝えていたという考え。考えにくいのは堀田が狐の使い番であるということ。

そしてもし堀田が鼠の使い番なら狐の使い番はやはり長岡先生ということになる可能性が大きい。では長岡先生が渡そうとして鼠に捕られたサンカクはいつ何処で?ドラマの中で?それともドラマが始まる前?ドラマの中の京都で渡された可能性が一番高いとしたらやはりあの八ッ橋の詰め合わせが怪しい様な。そして料亭で福原先生のお宅に下宿してる事を長岡先生は知っていた旨の発言をしてる。もしかしたら鼠の使い番って福原先生なのか?。邪魔をしたのは福原先生?と勘繰れなくもない。でもそうなっと堀田って何者って話しになってくる。それに大阪の方の人物は全然話しの中に入ってこない。やはり妄想予想でしかないよな気がしてきたりなんかして。

で、いまんところの結論としては、サンカク(目)って何?ってのと、堀田が何者か分からないと全然話しが分からないということ。来週こそなんとかして欲しいものですわもったいぶらずに。

|
|

« お茶犬時計を追加 | トップページ | *いやらしい »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40213438

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿男あをによし第六話:

» 鹿男あをによし/ め、とは何だ?!  [きょう 裏庭をほった]
先週までは、まるでスポ根ものみたいな展開でしたが、 やっとそれが終わって、さぁ「サンカク」を手に入れたぞ、と思ったら.... 「なんだ、それは?」 という鹿の冷たい言葉に、見てるこっちも唖然としました(^^;) えぇ、「め」ってこの盾のこと... [続きを読む]

受信: 2008年2月24日 (日) 03時36分

« お茶犬時計を追加 | トップページ | *いやらしい »