« あしたの、喜多善男第六日 | トップページ | 斉藤さん第六話 »

浜松は「濱松」か「濵松」か

か②かという他愛のない水掛け論である。もちろんお遊びなので真面目な話しではありません。

普通は旧字を使う場合①を使うところが殆どである。

ごくまれに②を使うところもある。今は改名してるけど以前の「浜松信用金庫」の浜は旧字で②を使っていた記憶がある(間違ってたらすいません)。

東海道五十三次での浜松の宿では②となっている。

なんとなく②っぽくも感じられるが、漢和辞典を埃を払った後開いてみると、②は俗字(生体ではないが普通に世間で用いられる字体)となっている。意味はどちらを使っても変わる訳ではない。

したがってちゃんとして書くと①で庶民は②を使っていたという想像となる。あくまで勝手な憶測なので正解かどうかは定かではない。(昔の古文書や文献みてるわけじゃないので)

ゆえに私は庶民なので、②を使うことを好しとすることにしやう。そうせまい。

|
|

« あしたの、喜多善男第六日 | トップページ | 斉藤さん第六話 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40086022

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松は「濱松」か「濵松」か:

« あしたの、喜多善男第六日 | トップページ | 斉藤さん第六話 »