« 白いなっちゃん | トップページ | 4姉妹探偵団第五話 »

*やごい

ちゃちな・ちんけな・脆い・壊れそうなと言ったつくりが弱そうな様を示す言葉。決して緋鯉真鯉とかいう「こいのぼり」の一種ではない。共通語で近い言葉といえば「やわい」(柔い)であろうか。あくまで近いのであって同じ(やごい=やわい)ではないのだが。

基本骨組みとかの本来がっしりしたものとかがそうじゃない場合を指すので、

「体がやごい」(病気がち)・「骨がやごい」(骨が弱い)という使い方をするので、「頭(脳みそ)がやごい」とか「性根がやごい」みたいな使い方は珍しい使い方になる。というかあまり言わない。「頭がかたい」の反対は普通「頭がふにゃふにゃ」という場合が多い。

何故か「馬鹿やごい・がんこやごい」はよく使われるが「どやごい」は言わないことが多い。

例文

「なんかさあこの家、馬鹿やごい気するだけど、気のせえかいねえ。」

「そんなことはありませんよお客様。」

「だってさあ、廊下歩くとギシギシいうし、階段ど狭くてこれじゃ荷物出し入れ大変そうじゃん。」

「やごそうではありますが、壊れる事はありませんから馬鹿やごくはありません。お客さまの提示なされた予算を考えるとこんなもんでしょう。」

「ぶっさぐる。ケチで悪かったのっ。」

|
|

« 白いなっちゃん | トップページ | 4姉妹探偵団第五話 »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17899302

この記事へのトラックバック一覧です: *やごい:

« 白いなっちゃん | トップページ | 4姉妹探偵団第五話 »