« 最近気をつけていること | トップページ | フルスイング第五話 »

エジソンの母第六話

夢破れて逃避あり。規子(伊東さん)の夢がなんなのか知る由もありませんが、育児放棄ならぬ指導放棄で逃避してしまおうと思うとこから今回は始まりましたが、確かにしんどそうですな。規格を壊す(越える)のが天才に宿命であるならば、規格の中で生きんとする人にとっては理解しろというのは酷な気もしてきます。

それをどう切り抜けていくかが今回の見所だったんでしょうけど、しょっぱなで早くも現実逃避に失敗してました。大分ドン臭い人です。まあそこまで追い込まれていたんじゃないという事でしょうけれども。で、どう収めるのかなと思ったら「好きこそものの上手なれ」ということなんでしょうか。なんでもそうですけど好きでなきゃやってられないってことなんでしょうね多分。この悩みがまだ引きずる感じでこれが最終結論ではないのかもしれませんが、至極普通の理想論的信念による解決でした。

今回のナゼナゼ攻撃は「太陽の死」でしたが、「死」をこの年齢で意識するなんてさすが天才ですわ。普通は中学生くらいで発病して、しかも自分の「死」から発病してドンドン広い世界へと膨張してくのが普通なのに。いきなり全人類どころか太陽系の死から入るんですからたいしたもんだと言うべきか訳分からんというべきか。それにしてもいたいけな同級生を巻き込むのはいただけない話しでした。ホント疲れるドラマです。BoBA校長の大人としての包容力がなければとてもじゃないけど救われない夢想話しでした。

|
|

« 最近気をつけていること | トップページ | フルスイング第五話 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40145291

この記事へのトラックバック一覧です: エジソンの母第六話:

« 最近気をつけていること | トップページ | フルスイング第五話 »