« ドコモのcm「高校生の始まり」編 | トップページ | *名前なんつーだ? »

佐々木夫妻の仁義なき戦いその5

日曜日は休みの日なので録画でなく地デジで観れるんですけど、画が綺麗ですよねえ。小雪さんは映えますわ。何着てもというかいつも違うファッションされててきちんと着こなされてるのは凄いお綺麗な方なんでしょうね多分。私的にはジャージでメガネの結婚する前のお姿が一番お気に入りなんですけど。キャバ嬢のお姿でも全然構いませんです。

で、ドラマのお話しなんですけど第6話、長年争い続けた遺産相続の揉め事を題材にした回でした。我が一族は幸運なことに借金持ちも財産持ちもおりませんのでこういう類は身近なことではないのですが、こうゆーのって一番どろどろしたえげつない話しじゃないですか。それを一話完結で済ませようというのですから凄い話です。佐々木弁護士のお手並み特と拝見という感じでした。

まあ、終わってみれば皆いい人ばかりでこじれた理由がボタンの掛け違えによるものだったというええ話しや~というものでした。終わり頃の「何が欲しいですか?」の問いに「その手紙」と答えるところはさすがドラマ。泣かせるなあとは思ったんですが、「それはそれ、これはこれと云う事でやっぱ財産半分。」って答えてたらリアルだよなあと思ったりもします。

それと平行して旦那の浮気容疑も進行するという多少複雑(このドラマは毎回そうですけど)な展開になっています。二兎を追うものは一兎をも得ずと申しますが、一時間という枠の中で色んな要素が絡み合うのは作るほうはさぞかし大変なんだろうなと余計なお世話してしまいます。

疑問なんですが、この夫婦見ててですね、職場まで一緒でなくてもとつい思ってしまうのです。旦那の弁護士活動の内容から鑑みると経済的に芳しからずとて、奥さんがサポートするという構図らしいんですが、別に元居た高額報酬貰える事務所でそのまま奥さん働けばいいのじゃないのかとつい思っちゃうんですよね。いつも一緒ってのが揉める元のような感じがしてきました。大体相手のいないところで(仲間の支えもありますが)相手の良さを見つけて行くと云う展開で。だけど面と向かうと何故か衝突してしまうのですから職場くらいは別にした方がいいんじゃないのかとこれまた余計なお世話を考えてしまうわけですよ。

コメディにそんなもん持ち出すなと云われればそれまでなんですけど、それにしてはお芝居の質も画のつくりもリアルです。まあ結論としては小雪さんが綺麗です。

|
|

« ドコモのcm「高校生の始まり」編 | トップページ | *名前なんつーだ? »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40253269

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木夫妻の仁義なき戦いその5:

« ドコモのcm「高校生の始まり」編 | トップページ | *名前なんつーだ? »