« *やごい | トップページ | 最近気をつけていること »

4姉妹探偵団第五話

竹中さんが満を持しての登場で、さすがに家族全員の図では締まった感じがします。もっと生瀬さんと室井さんとの掛け合いを期待してたんですが最後の新しい家族の紹介あたりの(おそらく)アドリブ展開くらいでちょっと物足りないかなという勢いです。

考古学のパパなんだからお宝探しの冒険とかしないのかな。そんなしょっちゅう殺人事件に巻き込まれるのは現実離れしすぎている気がしないでもないし、相変わらず警察からは邪魔者扱いされてるポジションだし。人殺しだけが推理を愛でる方法だけではあるまいにねえ。警察から協力要請とかがあってそれで姉妹が決定的な証拠を探すみたいなお宝探しに知恵使うとかいうもう少し大事にされてたほうが見易いのは確かでしょうね。

言葉遊びのお馬鹿も少なくなってきて全体的にコメディーの色味が薄れてきているような雰囲気がしてきました。その割にはキャラクターの個性がコメディータッチのままで見ていてバランスがとりにくいです。推理ネタとしてどうのこうの言うつもりはないのですが少なくとも犯人が誰だとかトリックはなんだとかいう謎解きを愛でる作品ではないと思ってみてるんですけど違うんでしょうかねえこういう考え方は。

夏帆さんひとりに背負わせるのじゃなくて、それぞれの得意分野というか特徴を活かして各セクションの問題クリアしながら和気あいあいと無事解決を目指すという設定にすれば、キャラが出来上がってて見ていて決してつまらなくはないと想像するんでおます。ですから、なんとか面白いと思えるような出来事に遭遇してもらいたいと願うばかりです。

でも夏帆さん「天コケ」で自然な演技を求められて今度はこの作品ではけれんを求められてる訳ですから大変でしょうねえ。これからの方ですから勉強勉強ということでしょうか。頑張ってもいない私なんかが「頑張れ」なんていっても無意味な事なので、「成長に期待します」という表現でこのドラマ観とりますですハイ。

|
|

« *やごい | トップページ | 最近気をつけていること »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/40143245

この記事へのトラックバック一覧です: 4姉妹探偵団第五話:

« *やごい | トップページ | 最近気をつけていること »