« 鹿鳴館 | トップページ | *だで言ってるじゃん »

斉藤さん第一話

見事なくらいシンプルなタイトルだこと。「江川る」と同じくらいの固有名詞的な特別なことということなんでしょうか。

問題はこういう人が実際身近にいたとしたら、ありがたいのかありがた迷惑なのかということなんでしょうけれども。

そんなこんなでいざ観てみれば、正直お母さんワールドのフィールドのようで、野郎としては若干居場所がないというか肩身が狭いというか。遠州弁だと「いづようない」って奴でさあね。

ミムラさんとの対比で斉藤さんを強調するという風にも見えるのですが、お母さん同士の空気感は私にはホントよーわかりませんです。でも、ミムラさん久し振りに見た印象なんですけど、なんか以前と変わられて余計な力が抜けたような感じがしました。確か結婚されてると記憶してるんですけど角がとれて滑らかになった感じです。表現が汚くて申し訳ないんですけど、もういい子いい子しなくてもよくなって表情の制約が取れた分豊かになられたような気がします。見ていて落ち着いて見ていれるって感じですかねえ。結婚されて華を捨てた分真っ直ぐな穏やかさを手に入れたって勢いということで。私的には今の方がいいと思いますけんど。

佐々木蔵之介さんとの夫婦の空気感もリアルで生活感がありまして良かったですよお。高島礼子さんのボス役もはまりすぎてる位だし、今回は比較的大人しめに見えた古田新太もおられるし今後愉しみではあります。

背筋がピンと立った厭味のない高ビーな役やらせたら右に出る者なしの観月さんではありますが一回見ただけじゃまだよー分からない感じです。今回は老中高島さんの勝ちって感じでしたわ。でも斉藤さんの子供役の人が良かったですよねえ。あんだけ周りに理解されなくても是々非々を貫く母親を「お母さん恥ずかしいから止めて」とか「いぢめられるから止めて」などどは決して言わず、頑張るお母さんを尊敬し応援し従う態度が斉藤さんの原動力なんだなと分かります。

「子はカスがいい」という洒落にならない現実もありますが、子が立派だと親も頑張らなくちゃと思いますもんねやっぱし。いいキャラクターです。

観月さんだから許せる印象を与えるってのもあるだろうし、キャラがはっきりわかってきたら面白そうではありますが、ただ如何せん奥様ワールドエリアでのお話しの展開が中心だと私的にはホントいづようないス。

お話しの展開が、壮大に世の中を震撼させる終わりがあろう筈もなさそうだし。周りが変わるのか地域が変わるのかなんにも変わんないのか。少なくともミムラのお母さんは変わりそうだなと。斉藤さんが変わったりなんかしちゃったり。まあ、そんなこんなで要観察って感じです。

|
|

« 鹿鳴館 | トップページ | *だで言ってるじゃん »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17631595

この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤さん第一話:

« 鹿鳴館 | トップページ | *だで言ってるじゃん »