« 舞妓Haaaan!!! | トップページ | パンデミック・フルー 感染爆発 »

*わし

「自分」のこと。遠州では基本は「わし」である。よそいきやかっこつけたいお年頃は使わないが。男女問わず「わし」である。

ただ最近あまり使わなくなりつつはきているが基本は「わし」である。

かくいう自分も「わし」を使うにはまだ恥じらいを感じるお年頃なので実生活において「わし」と言うことは決してないのであるが。

「わい」は遠州弁では使わない。「おら」・「おいら」も殆ど聞かない。

当ブログにおいては基本形であるということで「わし」を多用することとしている。

例文

「やあ、ちいとわしんちよってきない。茶あぐらいは出すで。」

  (ねえちょっと私の家に寄ってきなよ。歓迎するからさあ。)

「いんやあ邪魔しちゃ悪いら。おっかさ気い遣わしちゃ悪いで帰るわあ。」

  (いやあお邪魔したら悪いだろう。奥さんに気を遣わせても申し訳ないから。)

「気いなんて使っちゃかんて。うちのもそんな気いつく奴じゃないだでええって。」

  (君が気を遣う必要なんかないって。うちのはそんな気が利く方じゃないから気にしないでいいよ。)

「ほうけえ。そいじゃちいとよらさしてもらわすかねえ。悪いのっ。」

  (そうかあ。それじゃあちょっと寄らして貰いますわ。すいません。)

注、「悪いのっ」は手間や迷惑をかけて申し訳ないという意味である。

|
|

« 舞妓Haaaan!!! | トップページ | パンデミック・フルー 感染爆発 »

1-2・遠州弁わ・ん行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17655475

この記事へのトラックバック一覧です: *わし:

« 舞妓Haaaan!!! | トップページ | パンデミック・フルー 感染爆発 »