« 鹿男あをによし第一話 | トップページ | 罪子がトピックに »

わからんよお

「そうじゃないかもしれないじゃない」とか「考えすぎだって」とかいう意味。

まあとにかく先のことはやってみなくちゃあどうなるか分からないんだからとにかくやってみようよというニュアンスの言葉である。ある意味遠州弁の代名詞でもある「やらまいか」に連なる言葉である。アクセント位置は「よお」の「よ」

例文

「あ。こりゃ無理だな。でけん。」

「そんなもんわからんよおやってみにゃ。」

「やらんだってわかるわい。」

「そんな弱気でどうせるよー。やりゃあでけるかもしれんじゃん。」

「時間の無駄だと思うけどやあ。」

「わからんよお、ええでやってみまいか。」

|
|

« 鹿男あをによし第一話 | トップページ | 罪子がトピックに »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17725744

この記事へのトラックバック一覧です: わからんよお:

« 鹿男あをによし第一話 | トップページ | 罪子がトピックに »