« *うそばっかあ | トップページ | コンケルド »

珈琲時光

「小津安二郎生誕100年記念作品」と銘打ってある2004年公開の映画です。

出演は一青窈さん・浅野忠信さん・荻原聖人さん・余貴美子さん・小林稔侍さん

ストーリーの解説は省くとして

全体を一言で言うと、なんかふんにゃりした映画って印象です。京都のはんなりに対抗して東京だからと言うわけでもないんですが、ふんわかと柔らかさの表現としてにゃり(なり)を合体させて「ふんにゃり」ってことで。もっさりではありません念のため。好きか嫌いかと問われればわかんないと答える。人に勧めるか否かだと薦めることはない。でも何回も観てるのは確か。

この映画においては、一青さんてオーラというか気を発する発信機ではなくて受信機なんだなと言う感じに見えます。色んなものからの微細な電波すらも受信して感性で増幅するってイメージですか?あくまで役の上でのことなんでしょうけど、プロの役者さんが持つ発信機は備えていない風に見えます。ま、全てを唄で放出してるからバランスが保たれておられるのでしょうけど、映画の中では歌われてませんから入力専門って感じです。そんなこんなで非常に異質です。上手いだか下手だかという範疇ではない感じです。そもそもお芝居してるのかも微妙な感覚を受けますです。

又輪を掛けて浅野忠信さんのお芝居がセリフのあるドキュメンタリーみたいで、なにも放たない癖に存在感が確かにあると言う説明不明なので、頭が爆ぜるようで正直眠くなってきます。これがコタツでテレビのように居心地が良過ぎてなのか学校の授業中なのかは人それぞれでしょうけど、眠くなることは事実です。多少の褒め言葉で飾れば、無防備な気持ちにさせてくれるということでしょうか。危険を何も発しないひたすら安寧な世界観で綴られているということでしょう。小津作品も確かに私眠くなるんですけど、でもあくまで私の印象ですけど、眠くなる理由は違う気がしてきます。

DVDの裏面におおまかな展開が記載されていますが、あまりそうには見えない墨淡な世界です。淡々でも間違いじゃあないかな。陽子(一青さん)のストーカーでもない限り「だから何?」と問われたら答えに窮する感じです。人が持つ内面をほとんど見せない世界で、喜怒哀楽は読み取れても何考えてるとかの思考行動回路とかはヒントすらもない。リアルですわそういう意味じゃえらく現実的です。背景にあれだけ人が動き回ってるのに密林を孤独に歩く探険家みたいな雰囲気を醸し出してるのが変に怖くもあり。

監督さんが海外の方なので小津作品から受ける根本的な感覚が異なっているのかもしれませんが、慣れたら見方が変わるのかなと思って結構挑戦してるんですけど、ん~どうでしょう。メイクミラクルの道は見つかりません今のところ。

でもなんか引っかかるんですよねえ。103分と短いのに執拗なせいなのでしょうか時の長さみたいなものを感じます。でも眠くなる(キャメラワークのせいでしょうか)。学校の授業で一度も睡魔に襲われた事のない人にはわからない感覚かもしれませんが。秒単位の眠りの筈ですけどやけに深いというやつですわ。これって褒めてるのかけなしてるのか自分でも分からなくなってきました。奥が深いのか裏が無いのか見えたまんまなのか。まだまだ私は修行が足らぬということなんでしょうかねえ。

昔ポールマッカットニーのアルバム「ラム」についてとあるミュージシャンの方が「あれはいいアルバムだよ100回聴けばね。」とコメントしたそうな。その故事に倣って100回に挑戦でもしてみますか。何10年先になるかわからないけど。

|
|

« *うそばっかあ | トップページ | コンケルド »

3・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17636949

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲時光:

« *うそばっかあ | トップページ | コンケルド »