« *ええでいかまい | トップページ | エジソンの母第二話 »

未来講師めぐる第一話

宮藤官九郎さんの脚本たる本作品。最近舞妓Haaaan!!!見直したばかりなので、これが宮藤ワールドかあとしみじみ観とりました。いやあ面白いですわ。ホントキャラが濃いから直ぐ覚えれましたもんね。私みたいな覚えの悪い視聴者にも優しいドラマで助かります。

セリフやストーリー展開のテンポ感やタイミングとかがホント微妙に独特なんですね。幾分舞台のお芝居観てるような感じの印象を受けますが、江戸っ子風味で登場人物のキャラが(メリハリが)濃いからかえってこんくらいすっとぼけてないとやってられない感じになるんでしょうか。それにしても豪華なそれぞれの役者さん自体も濃いのに輪を掛けてキャラ設定もお芝居もセリフも濃いのに功徳ないじゃないやくどくないのはこのスピード感によるものなんでしょうか。それともキャラクター設定がぶっ飛び過ぎてるからなんでしょうか。人物背景が見えない分、案外サラっとした印象を受けます。なんか不思議です。行くとこまで逝っちゃって逆にひっくり返るとこうなると言うことなんでしょうか。それとも可愛いキャラの登場人物ばかりのせいなんでしょうか。よく分かりません。分かりませんが面白いように引き込まれます。なんか愉しいです。

吉田家に代々伝わる「自慢」。欲しいかと言うとう~んどうでせう。でも無駄に凄いってのも意味なく魅力的です。

突っ込みを入れて良いのなら「自慢」てのは人に吹聴するから「自慢」になるのであって一人悦にいるのは「自慢」とは呼ばないだろうに。そういうのは普通・・・・あれ?・・・何て言うんだろう。って普通無いよなあそういえば。忌み嫌われる能力ならいざ知らず20年後なんて殆ど戯言として消えてしまって証明することはしないというホント人畜無害な能力ですから、言うだけ馬鹿にされかねない訳ですから言うだけ無駄ってことなんですかねえ。耳が動くくらいの凄い能力なのに。

でもドラマでは子供には言っても良いけど大人には人生を変えることになるから言っちゃ駄目って述べられていたから今後はその凄さが出てくるのでしょうか。人畜無害ではないってことなんですかねえ。この「自慢」は。それにしても20年後という設定はホントビミョーですなあ。全く以って即効性がなく歳をとれば10年一昔にはなるけど20年は流石に遠い先のお話しですからねえ。

色んな人の20年後が見えるならおじいちゃん目線で20年後のめぐるといのも見て見たい気もしますなあ。

それにしても勝地涼さん随分とダイエットに成功されたようで、見違えたみたいに若々しく(実際若いけど)見えます。勝地さんが歳を重ねると田口さんになるんですね。ん~ビミョ~です。

深田さんも髪を短くされてなんか雰囲気いいです。お姫様キャラがそこはかとなく抜けてないけどそれが良いのかどうかは好みの問題なんでしょうね。私的には親を反面教師として育ったということからしてもう少ししっかりした常識人っぽくしてくれた方が良いのかなと思ってますけど。(声のトーンを変えるとか)勿論私の希望が作り手の意図から外れてるだろうという自信はありますけど。せっかくぶっ飛んだ世界観にいるんですから深田さんにも真っ当よりもぶっ飛びを期待するってのが筋ってもんでしょうな多分。

塾の先生方の超個性的なキャラは私的にはツボです。(おかっぱというヘアスタイルは除く)今後の噛み合わない会話に期待したいです。

最後どうなるかと言う物語性より、この場の空気感を味わうドラマと踏んだので、展開には拘らず細かいギャグを探そうかなと思っております。愉しいですわ。

|
|

« *ええでいかまい | トップページ | エジソンの母第二話 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17745080

この記事へのトラックバック一覧です: 未来講師めぐる第一話:

« *ええでいかまい | トップページ | エジソンの母第二話 »