« のだめカンタービレ・第一夜(陽の感想) | トップページ | *どうしてくれるー? »

のだめカンタービレ・第一夜(陰の感想)

陽の感想と食い違うといわれるかもしれませんが素直に思った事を書くと陽と陰が交叉するのです。いやあ愉しめたと思う部分と、そうじゃない部分とが。

SGファンの残党を名乗るものとしては、鈴木友子こと上野樹里さんの事を語らんでどうするというのだめですが、何故かテンションが高くならないです私。勿論ドラマは好きですよ愛すべきキャラクター達ばかりだし樹里ちゃんのギャグセンスも日の本を代表する若きコメディエンヌの名に恥じぬハマリ具合ですし。充分満足いく楽しさと真面目さでした。

しかし音楽。それもクラシックですから当たり前ですが素人です私は。でも聴くには聴くので無知と言うほどではないつもりなんですわ。で、本物の音楽に近づけば近づくほど役者さんが演じる事の限界みたいなものが見えてきてしまうようでちと切ないのですわ。唯一玉木さんが近づいているのはせめてもの救いでしょうか。

音楽も本物場所も本物演奏も勿論という環境の中で、真っ向勝負に演じているが故になりきる演技と言う領域を越えているような、物凄いレベルを役者さんに要求し過ぎてるんじゃないのかと。

ストーリー上のお芝居については安心して見ていられるんですけれど、実際の演奏での演技でのシーンでは白けるとかじゃなくて違和感を感じてしまうのです。ほんとにいいのかよ恐れ多いんじゃないのかよといった感じです。敷居が決して高いわけではない世界だというのはこのドラマで改めて知ったと言う部分はあるんですが、本当に小さな些細な事なんですが引っかかってしまっているんですわ。

それらしく見せる方法なんて幾らでもあるだろうに、それでもこういう真っ向勝負で描く今まで見たこともないパイオニア的な作品だからこそのざらついた違和感なのでしょうから、応援賞賛を送らなくてはいけないと思ってはいるのですが、感覚的にどうも乗り切れてません。

それはどうもというかおそらくは、SGが実際にガールズ達が演奏した事によって生まれた感動や躍動感という表現を味わってしまったからでしょう多分。エアギターはボディランゲージという世界であって音楽表現の手段ではないじゃないですか。実際に演った者だけが表現出来うるものってある筈だと信じてるんですわ。のだめのメイキングというか番宣の番組で「成長した~を見せなきゃならないんで・・」という表現をされてたように演ずることでは表現しきれない領域ってのがあるのかなと。

音楽ってそれだけ深いってことで、しかも設定が性格はおいといてエリート(選ばれし者)達じゃないですか。浜松ではピアノコンクールがあってそういうものに参加してくるエリートを実際に見れたりもするんですけど、名もなき若き者達ばかりですけんど間違いなく音楽に捧げ物をしている空気感を感じます。

SGの奇跡は等身大の音楽だからでしょうか。ガールズ達本人が最善の努力を積み重ねれば到達できる領域と役が最高にリンクしたことによる奇跡だったような気がします。まあ改めてSGは凄いなと思い直した次第で。

さて第二夜は樹里ちゃんの番。この思いが払拭できるかどうか愉しみです。

|
|

« のだめカンタービレ・第一夜(陽の感想) | トップページ | *どうしてくれるー? »

2・スウィングガールズ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17581297

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ・第一夜(陰の感想):

« のだめカンタービレ・第一夜(陽の感想) | トップページ | *どうしてくれるー? »