« *やってる | トップページ | 天然コケッコーその4 »

*やっとかぶり

ひさしぶりと言う意味。

別の言い方で「やあっとぶり」と言うのもある。こちらは「やあっと」随分ぶり。こちらは「随分と会ってなかったね」が近い表現か。(注、殆ど使わず普通は「やあっと会わんかったねー」)「やあっと」が変化して「やっとか」になったという可能性もあるがこの理屈は嘘くさい。

実際のところは「八十日振り」と書くのだそうで厳密には方言ではないらしい。

例文1

「あれえ、やっとかぶりに顔見せたかとおもやあはあ帰るだけ?まあちっとゆっくりしてきない。」

  (おや?久し振りに顔見せたかと思えばもう帰るのかい。もう少しゆっくりしていけばいいのに。)

「いやあそうもいかんだよ。ちゃっと帰らんとおっかさ怖いでえの。」

  (いやそうもいかないんだ。直ぐ帰らないと女房が怖い。)

「うちもでえ。」

  (うちもそうだよ。)

例文2

「あれえ、やあっとぶりかで顔見ただに、はあ帰るだか?ゆっくりしてけんの?」

  (なんだよー随分顔見せなかったのにもう帰るの?ゆっくりしていけないの?)

「おお、おっかさにちゃっちゃと用済んだら帰って来いっていわれてるもんでえ。」

  (うん、女房に用が済んだら直ぐ帰って来いって釘刺されてるから。)

「そりゃご苦労なこって」

  (それはご愁傷様。)

|
|

« *やってる | トップページ | 天然コケッコーその4 »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17310114

この記事へのトラックバック一覧です: *やっとかぶり:

« *やってる | トップページ | 天然コケッコーその4 »