« *ほかいときゃええだ | トップページ | 天災は忘れた頃にやってくる »

大帝の剣

*最初のイメージ

初めてタイトルを聞いたとき「大抵の剣」だと思ったんですよ。大抵の剣を使いこなすいい加減な剣士のお話かなと。監督が堤さんで主演が阿部さんならあり得るなと。娯楽大作とかいう触れ込みだったんでそうに違いないと。

でも違ってました。長刀だろうが短刀だろうが器用に使いこなすが飽きっぽい性格が災いしてどれも奥義を極めることができないいい加減な剣士がそれでも運とツキだけで様々な苦難を要領よく乗り越えていくお話しとかではありませんでした。

実際は宇宙にまで話が及ぶと言う超壮大なお話でした。どえりゃーおそぎゃー話しだがね(by なごや)

*番宣中のイメージ

「あららら~」とか佐助(宮藤さん)がぶっ飛んだりと、コミカルというか愉快さを強調したようなイメージをテレビを通しては感じました。なんかハチャメチャで物語の落ち着く先というかそういうのが読めなくて、変(嫌い)な言葉ですけどテーマは何?てのが想像つきませんでした。ある目的を持って3つの神器を求める冒険の道中記とかオリハルコンの争奪戦とか言ってくれた方が私としてはすっきりしたんですけんど。もっとも気合入れてCM見てたわけじゃないので私の見落としかもしれませんが。

*実際観た感想

とにかくぶったまげたのは、竹内力さんでした。あの迫力はなに?って感じでもう引き込まれっぱなしでした。私はおっかない作品は嫌いなのでやくざ屋さんのお話とかは観ないので、初めてまざまざと知ったと言う感じで凄かったです。声がいいですよねえ。しびれますわ。ほとんど着ぐるみに近い状況でしか画面に出てこないけれど存在感には圧倒されます。竹内さんには不本意な事かもしれませんが、普通に一般ピーポの役で映画に出ていただければもっと沢山観れるのにと思いました。絶対映画の人ですよ。テレビみたいなチンケなサイズじゃあ収まりきれませんて。

エンディングが摩訶不思議に余韻が充分過ぎるほど残ったんですけど、それ以外はさくさく進むお話でテンポがよかったです。ある意味気を抜くとこがなくて一気にって勢いなんですけど最後までついていけました。奇想天外なお話しだけにめんどっちいとこはナレーションの江守さんに任せて、おいしいとこ撮りで愉しんだって感じが薄らほのかに漂います。

役者さんの細かいギャグアクションが散らばってて、しかも戦闘中とかのくそ忙しくてそれどころじゃねえだろうってとこまで入れてあって、こりゃ何度も観ないと駄目なつくりにしてあるなと思いました。監督ひとりのアイデアなのか役者さんがアイデアを出しあってのものかはよく分かりませんが、とにかく色々ありそうだなと。

阿部さんはかっこよかったです。ファイティングシーンとかは私あまり詳しくないんでいいのか悪いのかは判断できませんが眼が輝いてるなというのは私でも分かります。バブルでGOでは「効くねえ~」この作品では「おもしれ~」というフレーズでしたが私はやはりトリックでの「ばんなそかな」が最高だと思ってます。

エキストラというか領民がなんか時代劇らしくていいなと思いました。黒澤映画とかででてくる野卑な感じが出ていて、キレイキレイっぽくない雰囲気が時代劇見てるんだという地に足がついた匂い立つ感じがしてよかったです。姫(長谷川さん)の襟元とかも道中の困難さを表わすかのようにきっちし汚していて、姫が「臭い」というセリフにも説得感がありました。別に不潔感も伴うわけじゃないんで観てて不快には思わないんで生きてるんだから当然という感じです。

DVDで最初観たらなんか迫力がでないなあとちょっとがっくりきたんですが、なんのこたあない、5.1chにしてなかった。やっぱし音の迫力もこの映画のウリのひとつだったんだと失敗こいて気づきました。やっぱ見るときゃあ5.1chですな。

音の迫力に負けない役者さんでないと締まらないですから、阿部さんと竹内さんはやっぱスゲ~と再確認しました。

まとめというか全体の感想は、映画らしく創ってあるなと、米国映画っぽいと言えなくも無いスケールが感じられました。愉しい映画でしたと感想も米国映画見た後のような印象です私には。

でも忍者のキャラにはワクワクしました。好きです。昔見た伊賀の影丸を思い出してしまいました。なので今度は伊賀の影丸原作でこういう映画を観てみたいです。

|
|

« *ほかいときゃええだ | トップページ | 天災は忘れた頃にやってくる »

3・映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
大帝の剣のご紹介、ありがとうございます。
徳川3代将軍の時代の、豊臣方の残党が反撃の機会を狙っていた、というお話でしたよね。
記事を拝見し、見てみたいと思いました。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007年12月 2日 (日) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17124696

この記事へのトラックバック一覧です: 大帝の剣:

« *ほかいときゃええだ | トップページ | 天災は忘れた頃にやってくる »