« 天災は忘れた頃にやってくる | トップページ | 心頭滅却すれば火もまた自ずと涼し »

*おっちぬ

死ぬということ。死んだは「おっちんだ」。全国的な言葉なので遠州弁ということではないのだが、一応記載。

あくまでイメージではあるが、天寿を全うしたというよりも、やりかけ・途中・志半ばでというようなニュアンスに聞こえる。そう思うのは私だけだろうか。

幾分くだけた言い方なので、真面目な場所で言うような言葉ではないのは確かである。

例文

「うちのおやじ早くにおっちんだもんで、財産なんかありゃあせん。」

死にそうをおっちにそうとは言わないので、本当に息を引き取る場合にのみ使う言葉のような感じがする。

「弾に当たったらおっちぬってわかってるらなあ。」

|
|

« 天災は忘れた頃にやってくる | トップページ | 心頭滅却すれば火もまた自ずと涼し »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17053119

この記事へのトラックバック一覧です: *おっちぬ:

« 天災は忘れた頃にやってくる | トップページ | 心頭滅却すれば火もまた自ずと涼し »