« 歌謡曲だよ人生は | トップページ | *すっころぶとひっころぶ »

ハッピーフライト

ついに待ちに待った矢口史靖監督の最新作が来年観れるらしい。SGからもう3年近くにもなるのだろうかタイトルは「ハッピーフライト」。矢口監督が飛行機ヲタクで自分の趣味を基に飛行機にまつわる新しい切り口のお話しらしいです。

矢口作品といえば、野郎がシンクロしたり女子がビックバンド演ったりという発想のユニークさが目立つところが一般的には有名かもしれない。けれどもサクサク進むテンポのよさや澱みないお話しの流れを忘れないようにしないと。起承転結というかドラマの展開も、目線が観客から観た視線であって決して唯我独尊にならない親切さを感じるのです。ターゲットを絞らずに誰にでも受け入れられるようにと。そういう難しい事に挑戦してる監督さんです。

航空ネタなのでシンクロやジャズというある種のブームを引き起こすということは流石にないでしょうけど、鉄っちゃんに続いて飛行機ちゃんてのも認知されるようになるのかな。過剰に期待して抑圧になってもあれでしょうけど愉しみは膨らみますわな。

誰が出るのかとかは勿論わからないけれど、誰が出て欲しいとかでいちいち要望と言う名の御託を述べるつもりは毛頭なく無条件で来年の愉しみが出来た。なので死んでる場合じゃない。

「歌謡曲だよ人生は」のDVDでのコメントを飛行機を眺め望める場所で行ったのは、ある種のサインであった訳かと。兎にも角にも朗報だぁ。

ちなみに矢口監督のお名前の「史靖」は「しのぶ」と読みますですハイ。

追記

3/28、全面協力するANAからのニュースとして、4/10~4/19までの期間エキストラを募集するという記事がありました。私は皆さんふるってご参加くださいということを書きたいわけじゃなくて、肝心なのはもう撮影が始まるぞ!ということでありましょう。ということは、もう主要キャストは決定していると考えるのが普通であろう。にもかかわらず発表はない。

まあ今までの作品からしてマル秘事項ではないだろうけど制作発表とかはいつもしていないから今回に限ったことではないのだけど。監督が言いたくないんだから誰が出るのか少しでも早く知りたいなどという余計な詮索はしないというのがベストな待ちの姿勢なのであろうて。だからエキストラに行く人には守秘義務を厳密に守って欲しいと願うばかりです。あとエキストラがヘボいと映画全体がしょぼく見えてしまうんですよねえ。ですから行かれる方は是非とも芸能人目当てにいくようなミーハーな気持ちじゃなくてより映画を作るために参加すると言う意識を持って欲しいものです。

|
|

« 歌謡曲だよ人生は | トップページ | *すっころぶとひっころぶ »

2・映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17349010

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーフライト:

« 歌謡曲だよ人生は | トップページ | *すっころぶとひっころぶ »