« *どうしっかな | トップページ | *らあ »

一件落着

あくまで言葉遊びです。冗句です。

「1件落着」

世の中なんでも数珠繋ぎ。全てが収まるなんぞ夢のまた夢。とりあえず1つの案件は落ち着いてと。そしてすぐに次の絡まった難題を解きほぐしていくというのが現実の世界。

「一見落着」

見た目は解決してるということ。上辺だけは収まってみえるが実は中というか裏側はドロドロという灰色な解決のこと。大人の世界では良くある解決結果。

「一見落着」(別バージョン)

百聞は一見にしかず。カタログなどで商品を購入しようとあれこれ悩むのも楽しいが、現物に出会ってインスピレーションを感じるのも楽しいよということ。

本当の「一件落着」は

ひとつの事柄(又は事件)については決着がついたということである。時代劇でのお白州で奉行が「これにて一件落着」と言う決め台詞が一番有名な使い方か。このセリフのイメージが強すぎて何もかもすっきり解決みたいな感覚になっているような気がするのは気のせいか。字をよく読めばひとつの事柄だけの筈なのに。

|
|

« *どうしっかな | トップページ | *らあ »

4・変形改造ことわざ・慣用句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17440335

この記事へのトラックバック一覧です: 一件落着:

« *どうしっかな | トップページ | *らあ »