« 蟲師 | トップページ | *みこ »

*やらすか

三通りに解釈できる表現。

ひとつは、(俺が)やろうか。変形で「やらっか」

もうひとつは、やるわけないだろう。強調で「やらすかあ」・「やらすけえ」

いまひとつは、(あいつに)やらせようか。

これに「か」を加えて「やらかすか」にすると(しでかすか)という意味と(やらせようか)という意味になる。

違いを見分けるのは前後の文の繋がりとイントネーションによる。

例文

「全然できんじゃんか。」

「だめでえ降参。替わって。」

「やらすか。」

こうなるとどれにでも当てはまる。だがこういう会話は日常ではよくある。イントネーションの違いを覚えるしかない。ちなみにイントネーションでの聞き分け方のコツを文章で説明するのは難しいので私では無理。

分からなくてどうしてもと言う場合「やらすか」といって動き出せば「替わるか」の可能性が高く、腕組んだままだとそれ以外の可能性が高い。どっか顔が向いたら「他のやつにやらせる」ということにってこんなこと説明してなんになる。

|
|

« 蟲師 | トップページ | *みこ »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17116532

この記事へのトラックバック一覧です: *やらすか:

« 蟲師 | トップページ | *みこ »