« *ぺったん | トップページ | *かきこ »

SP

*SP第2回

絵が違いますよね明らかに。こういうの本広調というんでしょうか。つなぎというかシーンの連続性の繋がり方がスムーズで早くて。テロップと言うか文字の使い方が上手くて。それでいて嘗め回すような絵もあったり。何故か「蘇る金狼」を思い出してしまいました。違いを挙げれば「SP」が昼間で「蘇る」が夜というイメージでしょうか。緊迫感と言うか緊張感のある映像にはやはり魅力を感じます。音楽とのコラボも本広調だと感じさせる理由なんでしょうか。結構インパクトあります。これでサントラCD買って聞くと過去の経験からするとそうでもないんですけど絵と音の相乗効果の交わり方がいいんでしょうね。

でも総監督ってなってますよねえ。総監督って何?

ある意味人の動きも主人公以外はやけにリアルで(主人公病気なんだから仕方ないんだけれど)、敵も味方もプロという世界で構築されているように見えてて。役者さんがみんなそれらしく見える方ばかりだからでしょうか。名のある役者さんがそれらしく演じるという醍醐味もあるのですけど、名を存じ上げない役者さんでも見た目ですどういう人か分かるというのも人物説明がはしょれてテンポアップしてもついてけますもんね。こういうのキャスティングの勝利というんでしょうか。

SPなんて知らない世界だから、医療と同じで何見てもふーんそうなんだと思うしかなくて、そういう意味では自由度がある題材ですよね。勿論本物が見たら違うんでしょうけど。

早いなあと思ったんですが、45分でした。どうりで。でも薄っぺらい感じがしないのはなんででしょう。全体の雰囲気が重いのにテンポが早くて見てる側に考える間を与えないせいなのでしょうか。重厚感と表現するのは気がひけるんですけど。

でも何故か病院でがきんちょが抱いてたクマのぬいぐるみが印象に残りました。あれってなにかの暗示なんでしょうか、それともただ単にブームで私がそれを知らないだけなんでしょうか。

*SP第3回・2007/11/18

今回のお気に入りのシーンは朝の出勤の挨拶のシーンでした。命懸けてる仕事なのに気合が入るわけでも滅入ってるわけでもなくごくごく当たり前の「おはようございます」の省略くずしの挨拶というのに何故か反応してしまいました。

今日の第一印象はエキストラが違うなあ決まってるなあというところです。イモや棒じゃなくきちんとパニックを表現出来ていてドラマに迫力が増す感じがしました。役者さんが幾ら良くても後ろの絵づらが芸能人見たさに集まった目的違いのイモや棒じゃ全て台無しですからねえ。そうなるともうしらけ通しですよ。

作品に参加する意識というものが大事なんでしょうかねえ。それともエキストラと言えど場数を踏んで経験値を増やす事が必要なんでしょうか。どちらにしても絵になりました。

それとも犯人役の方が本気で上手くてその迫力でマジびびってたんでしょうか。そっちの方がありえるかな。防犯訓練で警察の方が模擬強盗犯で店内に押し入るというのを以前勤めていた会社で何度か経験したことがあるんですけど、上手い(迫力のある)人だと訓練とわかっていてもホントにびびったことがありますから。

でも、SATでいいんでしょうか(あってるんでしょうか)警官隊が出てくるシーンは何故かつくりもののお話しだなあと醒めてしまいました。浜松では警官隊を実際に見る機会はまずないですけど、自衛隊だったら(お空ですので地面這ってないですけど)あるんでそういう商売の人を見かけるんですが、立ち振る舞いがやっぱ違いますからねえ。姿勢からして。訓練鍛錬で出来上がるものでしょうからカッコだけ警官の服着せてもらしくは見えないですよね。ましてやあれだけどやどや出てくると規律というものが生じる筈だけどそういうものが見えない気がしました。本広監督と言えばお約束のように出てくるSATですからこの作品に限らず出番も多い筈なので、監修としてでなくそういう専門の人と契約された方がいいモノが観れるような気がしてきました。(他人の財布だと思って言いたい放題ですいません)

格闘シーンは格闘ヲタクでも柔剣道の経験者でもないど素人の私ですが、本物っぽい迫力を感じました。岡田さんも大変でしょうねえ。怪我などされないように無事撮りきられんことをお祈りいたします。

次回予告でなんか大分見せ過ぎのような気がしたのは私だけでしょうか。この先どうなるんだろう。無事解決するに決まってるじゃないかと心では分かっていても。じゃどうやってっていうのも興味があるので、はっきりでは勿論ないですけど薄々と二人で各個撃破で本丸へってのが読めちゃうのと、通常より短い枠なんだから予告削ってその分本編濃密にって考えもありなんじゃないのかなと。

面白い作品ですよ。愉しいです。決して悪口書いてるつもりじゃなくて要望希望願望マー坊のつもりなんですけど。こういうのいちゃもんっていうことになっちゃうんでしょうかねえ。

|
|

« *ぺったん | トップページ | *かきこ »

2・2007年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17036783

この記事へのトラックバック一覧です: SP:

« *ぺったん | トップページ | *かきこ »