« モップガール第5話 | トップページ | ドコモFOMA一撃半額編 »

*ひょんきん

ひょうきんが変化したもの。ひょうきんを漢字で書くと「瓢軽」。共通語の意味はお気楽(又はおちゃらけ)なこっけいな事をいったりしたりすると言った意味になる。一種のピエロということか。

遠州弁ではそれらの意味使いの他に、常軌を逸してる・極端なこと、普通じゃないこと異常なこと不可思議なことを指す時や想像以上に意外・予想を遥かに越えたとかにも使う。人に対してだけでなくそう見えたもの全てに対して使われる。そういう使い方の場合は笑えない話しが多いので意味が分からずとり笑い話かと思ってあえず笑っとけとかいうことをするといい結果は得られない。

「ばかひょんきんやあ。あいつ飯喰いがつらコーラ呑んどるだでえ。ホント見ててどきもるいだあ。」

  (物凄く変なもの見ちゃったよ。あいつご飯食べながらコーラ飲んでるんだよ。見ていて気持ち悪くなっちゃった。)

「岩と岩んあいさの割れ目から生えとるたあひょんきんな木やしー。」

  (岩と岩の間の割れ目からから生えてるなんて珍しい木だなあ。)

「うちん餌貰いに来る野良猫。魚くれてやっても残すだに、そんで猫の癖してドッグフードは残さず喰うだにぃ。ねえひょんきんだらあ。」

  (家に餌貰いに来る野良猫なんだけど、魚あげても残す癖にドッグフードは残さず食べてくの。ホント変な猫でしょ。)

とんびが鷹を生むと言う表現があるがそれに近い意味でこういう使い方もある。

「あいつ得するとなると眼の色変えるだよ。ひょんきんだらあ。」

  (あいつは得するとなると眼の色が変わるんだ。現金な奴だと思わない?)

遠州では、現金ということでも使う。

例文

「あそこんさあの息子さん東京の有名大学受かっただって。」

「うっそーほんとにぃ?わし同級生だったけど二人とも弩馬鹿だったにい。あんの二人からでけた子があったまエエなんて馬鹿ひょんきんじゃん。信じれんよお、うそだらあ。」

「あんた露骨にゆーねえ。わしとてもそんなこといえんよー。」

「だってえ、そんなことわしになあんにもいやせんだもん。ほんとお知らんかったやあ。」

注、「いやせん」言わないという意味・「なあんにも」何も

|
|

« モップガール第5話 | トップページ | ドコモFOMA一撃半額編 »

1-2・遠州弁ひ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16988737

この記事へのトラックバック一覧です: *ひょんきん:

« モップガール第5話 | トップページ | ドコモFOMA一撃半額編 »