« つかます | トップページ | しゃべれどもしゃべれども »

お茶の子さいさい屁の河童

分割して使われることが多くなったのか、元々は違う言葉を繋ぎ合わせて語呂がいいから使っていたのか、そこんとこはよく知らないが、最近ここまで一気に言う人はいなくなったんじゃないだろうか。まあリアルに日常会話で使うようなものではないけれど。

「感謝感激雨霰」でも地方的な使用であろうが意味もなく「猿のお尻はまっかっか」とかをつけていたし、省略形が生き残り、ワザと伸ばしたりする延長系は短命である。

あえて意味の説明は不要なのかもしれないが一応。長い割には意味は短い。

そんなの簡単・楽勝と言う意味。

いわれとか何故この意味なのかは私は知りません。ふざけた言い方であるのとなにがなんでも省略する文化が反映してる限り使い道は少ない。

|
|

« つかます | トップページ | しゃべれどもしゃべれども »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17151269

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の子さいさい屁の河童:

« つかます | トップページ | しゃべれどもしゃべれども »