« なんだかなあという現状 | トップページ | お茶の子さいさい屁の河童 »

つかます

捕まえよう・捕獲しようといったような意味。掴むという事でも使う。「~ます」というのは~しようと(思って)という意思を表わしている。

「つかまさんつもりだな。」(捕まえさせないつもりだな。)

「つかますだよお。」(捕まえるんだよお。)

「つかますかねえ」(捕まえようかねえ)

「つかまさらん」(捕まらない)

「猫捕ます(掴ます)と思ったら逃げちまいやがんの。」(猫抱こうかと思ったけど逃げちゃった。)

掴ます(つかます)。掴むともごっちゃになっている部分もあり、そこらへんは曖昧になっている。尚、捕ますには「とんます」という言い方もある。

「~ます」の使い方例

「茶あでも飲ますかと茶碗持ったら、あっつくておっこといたった。」

  (お茶でも飲もうかと思って茶碗持とうとしたら、熱くて落としちゃった。)

昔の言葉調で「いざ、掴まさん」(さあつかもうではないか)と似たり寄ったりなので多分遠州弁というより古い言葉が残って使われているということかもしれない。

|
|

« なんだかなあという現状 | トップページ | お茶の子さいさい屁の河童 »

1-2・遠州弁つ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17018532

この記事へのトラックバック一覧です: つかます:

« なんだかなあという現状 | トップページ | お茶の子さいさい屁の河童 »