« 冬がきたかな | トップページ | 遠州の運転気質 »

*あそこんさあ

あそこの辺りとでも申しましょうか。あそこらへんって方がスムーズですかねえ。

「さあ」と言うのが~の辺りということになる。共通語でいうところの「あのさあ」とか「さあね」とかいう使い方ではない。

例文

「川んさあに生えとる草。なんか珍しい種類らしいだでやたらくしゃとっちゃかんらしいに。」

  (川の辺りに生えてる草がね。なんか珍しい種類みたいだから、むやみに採ってはいけないらしいよ。)

「へえー初めて聞いたよお。そんな変なの昔っから生えとったかいやあ記憶んないよお。」

  (へー初めて聞いたよ。そんな珍しいの昔から生えてたかなあ記憶にないよ。)

「こないだノブさあんとこのとっつぁま、草刈機であそこんさあ刈っとたら注意されただと。」

  (この間ノブさんところのお父さんが草刈機であそこら辺を刈っていたら注意されたんだって。)

「誰にい。」

  (誰にだよ。)

「そこんさあよーわ知らんだけどやあ。ゆわれただとっ。」

  (そこらへんは詳しく知らないんだけど、とにかく言われたんだって。)

あくまで「さあ」であって「さ」ではない。他所のお国言葉の「どこさいくだ?」というのは違うような気がする。

なので「あんたがたどこさ」というような使い方はしない。遠州弁だと「あんたらどこよを」となる。若しくは「よを」の変わりに「でえ」。

|
|

« 冬がきたかな | トップページ | 遠州の運転気質 »

1-2・遠州弁さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16929981

この記事へのトラックバック一覧です: *あそこんさあ:

« 冬がきたかな | トップページ | 遠州の運転気質 »