« なんのだれ兵衛 | トップページ | *うそこき »

つれ

連れ。

連れ合い(配偶者)や子供連れのつれ。辞書などでは、仲間として一緒に行動する人などをさす。と記載されているので、特に遠州弁と言う訳ではないのだが、若干ニュアンスというか使い方がずれる。

「うちのつれがさあ」となれば(私の友達がね)ということ。

「うちんつれのつれが」となれば(私の連れ合いの友達だという知り合いが)となる。

配偶者・家族をさす場合ももちろんあり紛らわしさを防ぐために大抵「うちのが・うちのやつが」(家のが・家の奴が)といって済ますのと「うちんつれ」と「の」を「ん」と撥音便化していうので「うちのつれ」といった場合は友人知人を指すことが多い。

「うちんつれんとこのつれが」は(私の友達の友達という知り合いが)

「うちんとこのつれのつれが」は(家の者の友達の友達と言う知り合いが)

「うちののつれのつれが」は(女房または旦那の友達の友達という知り合いが)

「うちのの」は基本配偶者に使う。家族には「うちんとこの」が一般的。ただし集落によって異なる場合もある。

遠州では方言的にはあまり友人という言葉を使わない。その分「つれ」・「知り合い」などが多く使われる。当然親密度は「つれ」の方が「知り合い」よりも高い。

例文 二人(A・B)で歩いているところにある人(C)が声を掛けてきた。

C「やあ!」

A「よお」

C「じゃ」

A「おー」

B「誰?知り合い?」

A「釣りのつれ。下手だもんでいつもつれんだけどね。」

という会話も存在しうる。

|
|

« なんのだれ兵衛 | トップページ | *うそこき »

1-2・遠州弁つ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16883037

この記事へのトラックバック一覧です: つれ:

« なんのだれ兵衛 | トップページ | *うそこき »