« *あそこんさあ | トップページ | 渡辺いっけいさん »

遠州の運転気質

ニュースでハイビームがどうたらこうたらという記事があった。現実問題として対抗車両がハイビームなんぞしくさっとったら、怒れてハイビームやり返す。私だけじゃなくみんなそうであるのです。

まあ、地域によってお国柄と言うか、日常の些細な行動でも違う事はたんとある中で、運転気質のことをひとくさり。多少なりともツーリングとかで遠州に来る人の安全に貢献出来ればと言う防衛のため。もちろん決められた交通ルールの解釈からは多少ずれているものもあるがこれが現実。

まず「黄色の信号は速やかに交差点を通過すると言う解釈である。」

信号手前(だいたい)30mくらいで黄色だからと無防備にブレーキなど踏もうものなら後ろの車両におかま掘られる可能性が高くなる。まず後続車両の有無を確認する余裕を持つことが望ましい。赤で交差点に進入するのは言語道断であるが、信号に黄色で進入して赤に変わりそうだとしても後ろにつかれていたら進む方が防衛的無難である。後続車がなく止まれると判断できたなら止まるべきであるのは当然のことではあるが。右折時においても赤になったから対向車は止まるだろうと判断して右折を開始してはならない。必ず止まったことを確認してからが肝要である。赤になってしまってから右折し始めても交差する車両は発進を多少は待っててくれる。

次に「青は無条件の発進進めではない。」

前述のとうり赤になってもまだ交差点内には車があるときが多く、青だからといって無闇に進むと痛い目に遭う。必ず左右確認のうえ発進することが大切。

これについては名古屋とは全く異なるので特に注意が必要である。愛知は黄色から赤は止まれである。この絶対理論が存在しているから、名古屋では左右の信号が黄色で発進準備。赤で発進後、前方の信号が青だと確認して加速。このような名古屋ルールで浜松を走ろうものなら即事故に繋がる。

繰り返すが信号でゼロヨン勝負は浜松では無謀。左右の確認は絶対条件。

「街中のバス優先道路は守る。」

中心部の主要道路の左側車線で舗装の色が異なるレーンはバス優先道路となっており左折車両以外は空いているからと言って指定時間内は走行しない。

左折車でもないのに優先道路を走り、途中運転手の都合で普通車線に車線変更するということは割り込みと判断され不快感を与える。現実的にみんなが守っているわけではないのだが多くの人はモラルを優先している。

|
|

« *あそこんさあ | トップページ | 渡辺いっけいさん »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/17058931

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州の運転気質:

« *あそこんさあ | トップページ | 渡辺いっけいさん »