« 業突張り衛門 | トップページ | *なぶる・ねぶる »

時代劇

「明治は遠くなりにけり」

明治のころのお話しを「時代劇」と表するんですなあ今の若い役者さんは。

私のイメージだと時代劇=ちょんまげなんですが、ざんばら頭も時代劇ですかあ。

言葉のあやなんでしょうけど時代もの=明治・大正・昭和初期って感じがなんかしっくりくるのは私だけなんでしょうか。どんどん孤立感を感じて不安になってきてます最近。

もしかしたら言ったその人からの基準で50年前100年前とかで計算して、100年越してるから時代劇と称するルールなのかもしんない。だから人によって解釈が違っても当然ということか。なんてな。

でも真面目な話し、歴史もの・時代劇・時代ものとかって具体的にどう分けられてるんですかねえ。知りたいものです。明確なものがあるんでしょうか。

女優と役者の違いも女優の定義も知りたいところではあります。男の名優さんのことを男優さんとは言わないですもんね普通は。何故「女優」だけ特別にそう呼ばれるのか。

|
|

« 業突張り衛門 | トップページ | *なぶる・ねぶる »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/16962909

この記事へのトラックバック一覧です: 時代劇:

« 業突張り衛門 | トップページ | *なぶる・ねぶる »